女子に重要な女性ホルモン!女性ホルモンにとって重要な栄養素は?

女性ホルモンは女性にとってはなくてはならないホルモンです。

 

この女性ホルモンにより、肌を美しく保ったり、バストがアップしたり、新陳代謝のアップにより痩せやすくなったりなど、まさに女性にとっては欠かせません。

 

しかし、この女性ホルモンは分泌量が少なく、かつ普段の生活習慣やストレスに影響を受けやすいので、注意が必要になります。

 

では、この女性ホルモンはどうすれば安定することができるでしょうか。

 

そこで、今回は女性ホルモンにとって大切な栄養素をご紹介したいと思います。

 

普段の食事に取り入れる等して、是非参考にしてください!!

 


 

大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをする成分です。

 

このエストロゲンは肌や髪の健康を促したり、新代謝を上げたりする等の働きがあり、美のホルモンと言われたりします。

 

そんなエストロゲンが減少してしまった際、大豆イソフラボンが手助けしエストロゲンに代わる効果を発揮するのです。

 

納豆、豆腐、味噌、豆乳等、大豆製品に含まれています。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは女性ホルモンのバランスを整える役割を持っています。

 

このバランスを整えることにより、妊娠するための働きを活発化させて、受胎率を高めてくれます。

 

また、生理痛、生理不順等を改善させる効果もあります。

 

かぼちゃ、アボカド、アーモンド等がおすすめです。

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6もビタミンE同様に、女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、女性の味方となるビタミンです。

 

またビタミンB6を多く摂取することにより、月経前症候群という、月経が近づくと起こる症状(肩こり、腰痛、イライラ感等の症状)を抑える効果もあります。

 

まぐろやニンニク、バナナなどに豊富に含まれています。

 

タンパク質

 

人の体をつくるのに欠かせないのがタンパク質です。

 

女性ホルモンが分泌される卵巣を形成するのにもタンパク質が使われているので、とても大事な栄養素となります。

 

ただカロリーが高いものが多いので、鶏のササミや赤身の肉、魚等がおすすめです。

 

コレステロール

 

コレステロールは女性ホルモンを作る材料になります。

 

特に卵は非常に良質なコレステロールを含む食べ物です。

 

ただ、血液中にコレステロールがたまると、血液の流れが悪くなりますので、摂り過ぎには注意したいところです。

 

食事は女性ホルモン増加に非常に重要なポイントになりますので、ご紹介した食品を中心にして、食事をしていただければと思います。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

普段の生活に影響を受けてしまう女性ホルモンはとても繊細なホルモンです。

 

夜更かし、偏った食事、喫煙等、不摂生な生活をしている人は今回紹介した栄養素を積極的に取り入れることから始めませんか?

 

また、女性ホルモンが不足して起こる症状(女性ホルモンが不足した症状についてはこちら)がでているかたも参考にしていただければと思います。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ