酒に強い人と弱い人の違いは?大人なら知るべき酒に関する体質の事

 

お酒をたくさん飲んでも、全く酔わずに平気な人っていますよね。

 

逆に少し飲んでもすぐに酔ってしまうお酒に弱い人も存在します。

 

また、お酒に弱い人の中には、場合ちょっとのお酒でも命の危険に関わる問題に発展するので、付き合い等のお酒の席では大変な思いをされている人も多いでしょう。

 

しかし、いくら個人差があるとはいえ、お酒に強い人と弱い人とで、なぜここまで差が出てくるのでしょうか?

 

同じお酒を飲んでいるのに、体に及ぼす影響は違ってくるのは気になる所ではあります。

 

それに、人によっては命に関わる事なのであれば、尚更知っておくべき点なのではないかと思います。

 

という事で、今回はお酒に強い人と弱い人の違いについて、調べてみました。

 


 

お酒に強い人と弱い人の違い

 

お酒に強いか弱いかは、肝臓で働く酵素が関係しています。

 

お酒の主成分であるアルコールが体内に入ると、肝臓によって一度毒性の強いアセトアルデヒドに分解されます。

 

その後、肝臓にいる「アセトアルデヒド脱水素酵素」によって、酢酸に分解し、そこからさらに尿や汗となって、体外へ排出します。

 

しかし、このアルコールを自身の許容量を超えてしまうと、アセトアルデヒドが分解しきれずに、体内に残ってしまうと、頭痛や吐き気を催したり、酔った状態になり、最悪の場合死に至る事もあり得ます。。

 

なので、このアセトアルデヒド脱水酵素の働きが強ければ、アセトアルデヒドがしっかり分解できるので、体に影響は少ないのですが、アセトアルデヒド脱水酵素の働きが弱ければ、体内にアセトアルデヒドを残しやすいので、体に影響を受けやすいという事になります。

 

また、アセトアルデヒド脱水酵素の働くの強さは生まれつき決まっていますので、お酒に強い人は生まれつきアセトアルデヒド脱水酵素の働きが強く、お酒に弱い人は生まれつきアセトアルデヒド脱水酵素の働きが弱いという事になります。

 

アセトアルデヒド分解能力のタイプ

 

アセトアルデヒドの分解能力は以下のような3つのタイプに分かれます。

 

お酒に強い→活性型(アセトアルデヒドをしっかり分解できる):NN型

お酒に弱い→低活性型(NN型より1/16ぐらいしか分解できない):ND型

全く飲めない→不活性型(ほぼ分解できない):DD型

 

これは、第12染色体によって決まるので、酒量は関係ありません。

 

また、これは一生変わらないものとなります。

 

なので、DD型の人に無理やりお酒を飲ませようとする人は、殺人行為と大差ありません。

 

日本人はもともとお酒に弱い

 

アセトアルデヒド脱水酵素の強さは、人種によって大きく変わります。

 

主に強いと言われているのが、白人(コーカソイド)と黒人(ネグロイド)で、低活性型と不活性型の人がほぼいないそうです。

 

逆に弱いのがアジア系の人(モンゴロイド)。

 

特に日本人が最も弱く、活性型は約50%、低活性型は約45%、不活性型は約5%という割合になっています。

 

自分が強いかどうか調べるには?

 

お酒が強いか弱いかの原因はわかりましたが、自分が強いか弱いかを調べるにはどうすればいいでしょうか?

 

基本的には、病院で検査しておくのがいいですが、今回は自宅でもできる検査方法について、調べてみました。

 

具体的には以下の方法が挙げられます。

 

アルコール感受性遺伝子検査キット

 

自分で採取した爪と必要書類に記入し、郵送すると、病院に行かずとも自宅で検査が可能になります。

 

この結果はお酒に強いか弱いだけでなく、将来自分がどんな病気にかかりやすいか?等も調べてくれるみたいなので、一度試してみるのもいいでしょう。

 

特に、20歳になったばかりの方や、未成年の方も、事前に調べて置いて、今後どのようなリスクがあるのか?についてもよく知っておいた方がいいかもしれませんね。

 

料金は大体6000円程度でできるようです。

 

エタノール・パッチテスト

 

こちらは、久里浜アルコール症センターの樋口 進さんが考えた、エタノールを使った簡易的な検査になります。

 

正確にお酒の強さはわかりませんが、ある程度の目安として知ることができます。

 

▼方法

  • ガーゼをエタノール70%の消毒用エタノールで湿らせて、皮膚の柔らかい所(腕の内側等)に貼る
  • 5分後に剥がし、剥がしてから20秒後と5分後の皮膚の反応を確認

 

▼判定

  • 5分経ってもなにもなければNN型
  • 20秒後になにもなっていないが、5分後に赤くなっていればND型
  • 20秒以内に赤くなっていればDD型

 

▼実施する際の注意点

  • 運動後は避ける
  • 貼ったガーゼを抑えない
  • お酒を飲んでいない状態でする
  • 貼った方の手等を締め付けない
  • エタノールを布の外にはみ出させない

 

エタノールは薬局ですぐに入手が可能になるので、気になる方は一度試してみるのもいいでしょう。

 


 

お酒の強さも人種によって大きく変わるみたいですね。

 

白人がウォッカやテキーラ等の、アルコール度数の強い酒をよく飲んでいるのに平気なのは、アセトアルデヒド脱水酵素が強いからなんですね。

 

あれだけ強い酒を飲んでいるのに酔わないなんて、ちょっとうらやましい気もします。

 

それに引き換え、日本人はやっぱりお酒が弱かったんですね。

 

確かに、飲みの席でも、あまり飲まない人が多いなと感じてはいましたが、そもそもの問題だったのですね。

 

しかし、お酒が弱いにも関わらず、進めてくる人も日本人には多い気もします。

 

お酒の弱い人が無理してお酒を飲むと、人によっては命に危険があることなので、無理やり進めるような人はいなくなってほしいものですね。

 

皆さんもお酒の強い弱いについてもしっかりと理解し、楽しく飲んでいきましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ