二日酔いしにくいお酒の違いは?知って得する二日酔いしにくいお酒

 

ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキー、ウォッカ、テキーラ、等々。。。。

 

お酒には、たくさんの種類がありますが、そのたくさんの種類の中で、二日酔いしにくお酒があるのをご存知ですか?

 

お酒には、様々な原材料や製法によって、それぞれ作られていますが、この製法の違いによって、二日酔いがしにくいがどうかが決まってくるようなのです。

 

では、どんなものが二日酔いしにくいのか?

 

今回は、二日酔いしにくいお酒について調べてみました。

 


 

お酒の種類

 

二日酔いしやすいお酒を調べる前に、まずはお酒の種類について、簡単に見ていきましょう。

 

お酒には様々な種類がありますが、大きく3つに分類する事ができます。

 

それは、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」となり、それぞれの具体的な説明は以下となります。

 

醸造酒

 

米や麦、ブドウ等、お酒の原料となるものを発行させて作るお酒の事です。

 

ビールや日本酒、ワインがこの部類に入ります。

 

蒸留酒

 

醸造酒をさらに蒸留させて、アルコールの純度を高めたお酒の事です。

 

焼酎、ウォッカ、ジン等がこの部類に入ります。

 

混成酒

 

醸造酒や蒸留酒に、果物や植物を付けて、さらに糖分や香辛料、色素等を配合したお酒になります。

 

梅酒、リキュール等がこの部類に入ります。

 

たくさんのお酒があっても、この3つに分類されており、どれに分類されているかによって、二日酔いしにくいかが決まってきます。

 

二日酔いしやすい酒の特徴

 

二日酔いしやすいお酒の特徴としては、

  • 醸造酒
  • メタノールが含まれている
  • 安いお酒

 

となっています。

 

醸造酒がなぜ二日酔いしやすいのかというと、不純物が多い為です。

 

お酒の製造過程によって生じる不純物をまとめて、「コンジナー」と呼びます。

 

このコンジナーは体内に入ると、体内にはいい影響を与えないので、肝臓によって分解されるのですが、アセトアルデヒドの分解もあるので、肝臓の仕事もさらに増えて、処理しきれなく事があります。

 

その為、二日酔いになりやすくなるわけです。

 

ただし、これがもし高級なお酒になってくると、不純物を取り除く工程も丁寧に行われるので、コンジナーが含まれることもなくなる為、醸造酒であっても二日酔いしにくい場合もあります。

 

ただ、このコンジナーというのはお酒特有の深い香りを出してくれるものでもあるので、一概に悪いものとは言えないものです。

 

また、メタノールについてですが、お酒の主成分だるエタノールよりも分解が難しく、時間がかかるので、次の日までにお酒が残りやすいとされています。

 

なので、醸造酒でなくても、メタノールが含まれているウィスキー、ブランデー、テキーラ、バーボン等は二日酔いしやすいとされています。

 

具体的なお酒を上げると以下になります。

  • ビール
  • 日本酒
  • ワイン
  • ウィスキー
  • ブランデー
  • テキーラ
  • バーボン

 

二日酔いしにくいお酒

 

二日酔いしやすいお酒について、先ほど前述しましたが、では逆に二日酔いしにくいお酒の特徴はどんなものがあるのでしょうか?

 

こちらも、特徴としては3つあり、以下の項目が挙げられます。

 

  • 蒸留酒
  • エタノール100%
  • 高いお酒

 

蒸留酒は、醸造酒を沸騰させて、アルコールの純度を高めて不純物を取り除いたお酒です。

 

なので、蒸留酒の方が不純物が少なくなるので、二日酔いもしにくいという事になります。

 

しかし、蒸留酒であっても、安いお酒については、二日酔いしやすい場合もあります。

 

また、エタノールについてですが、エタノールはメタノールよりも分解しやすい成分なので、エタノールしか含まれていないお酒であれば、二日酔いもしにくくなります。

 

酔いにくいお酒に関しては、具体的に以下が挙げられます。

 

  • 焼酎
  • ウォッカ
  • ジン
  • ラム
  • 泡盛

 

ウォッカはアルコール度数が高いわりに、不純物がなく、エタノール100%のお酒なので、実は二日酔いしにくお酒です。

 

ちなみに、ウォッカはバーボンの1/37しか不純物が含まれていないんだそうです。

 

混成酒は酔いやすい?

 

混成酒は、醸造酒で作ったり、蒸留酒で作ったりと作り方は色々あるので、先ほどの定義から見るとどっちかわからなくなりますが、結論から言うと二日酔いしやすいお酒です。

 

混成酒は、元が不純物なしのエタノール100%蒸留酒であっても、後から色々な物を混ぜ合わせて作ります。

 

なので、たくさんの成分が混ざっている状態の為、肝臓もその分仕事をしなくれはならないので、二日酔いしやすいものと考えれらます。

 

しかし、こちらも丁寧にしっかり作られた、高いお酒の場合はその限りでなく、二日酔いしにくい場合もあります。

 

カクテルはどうなる?

 

お酒やジュース等を合わせて作るカクテルですが、こちらはどうなるでしょうか?

 

カクテルの場合は、ベースとなっているお酒が醸造酒か醸造酒かで決まってきます。

 

二日酔いしにくいカクテル

ジントニック(ジン+トニックウォーター)

ジンバック(ジン+ジンジャエール+レモン)

スクリュードライバー(ウォッカ+オレンジジュース)

モスコミュール(ウォッカ+ジンジャエール)

ソルティドッグ(ウォッカ+グレープフルーツジュース+塩)

モヒート(ラム+ライム+ソーダ+砂糖+ミントの葉っぱ)

等々・・・・。

 

二日酔いしやすいカクテル

カシスオレンジ(カシスリキュール+オレンジジュース)

ファジーネーブル(ピーチリキュール+オレンジジュース)

カル―アミルク(カルーア(コーヒーリキュール)+牛乳)

ミモザ(シャンパン+オレンジジュース)

レッドアイ(ビール+トマトジュース)

シャンディガフ(ビール+ジンジャエール)

等々・・・・。

 


 

お酒も種類によっては、二日酔いしにくい等があるんですね。

 

しかし、二日酔いしにくいとはいえ、度を超した飲み方をすれば、もちろんのこと二日酔いを起こしますので、適度に飲むことを心がけてくださいね。

 

あくまでも、二日酔いしにくいというだけですからね。

 

まあ、これからのお酒の席での、参考にでもしてくれれば幸いです。

 

何度も言いますが、飲み過ぎはダメですからね。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ