辛い二日酔いはどうやって治す?知っておくと結構便利な二日酔い対策

 

お酒の席というのは、とても楽しいもので、盛り上がるとついつい飲み過ぎてしまう事はよくあると思います。

 

忘年会や新年会、送別会に歓迎会と、盛り上がりすぎてハメを外し過ぎている人も少なくないでしょう。

 

そして、ハメを外し過ぎて次の日やってくるのが二日酔い。

 

二日酔いになると、吐き気がしたり、ひどい頭痛が起こったり、下痢したり、倦怠感が残ったりと非常に辛い症状に苛まれます。

 

私も何度か経験がありますが、あれは本当にキツイもので、次の日起きれないなんてこともよくありました。

 

そんな辛い二日酔いですが、なんとかしてならないようにする事はできないでしょうか?

 

また、もしなってしまった時にすぐに治す方法はないでしょうか?

 

という事で、今回は二日酔いの対策と治す方法とについて調べてみました。

 


 

二日酔いのメカニズム

 

そもそもなぜ二日酔いが起こるのか?という事から始めていきたいと思います。

 

お酒はアルコールであり、アルコールは体にはあまりいいものではないので、無害な物へ分解しなければなりません。

 

流れとしては、アルコールは体内に入るとアルコール脱水素酵素という酵素によって、アセトアルデヒドという毒性の強い物質に分解されます。

 

その後アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によってさらに分解されて、酢酸に分解されて、最終的に水と二酸化炭素に分解されて体外へ排出されるようになります。

 

アルコールの量が自身の代謝能力の許容範囲までならば、上記のような流れで、うまくアルコールを分解し、排出できるのですが、自身の許容量を超えてしまうと、アルコールがうまく分解できず、毒性の強いアセトアルデヒド等、体にとって有害な物質が残ったままになり、二日酔いの症状を引き起こしてしまうという訳です。

 

また、アルコールの分解は体内の水分を大量に使うので、分解していく過程で、十分に水分をとっていないと、分解する為の水分が足りない為に、脱水症状となる事もあります。

 

二日酔いの症状

 

二日酔いの症状は様々で、以下のような症状が現れます。

 

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 喉の渇き
  • 胸のむかつき
  • 体の震え
  • 胃炎
  • 悪心
  • 倦怠感
  • 体のほてり

 

症状は体質によって個人差があるので、人によって程度は変わってきます。

 

二日酔いの対策

 

二日酔いの原因はわかりましたが、お酒の席で、飲まなければいけない事も多いと思います。

 

なので、お酒を飲まない方法以外で事前に対策する方法を知りたい所ですよね。

 

どうすれば、二日酔いにならなくなるのか?という事で、一つ一つ見ていきたいと思います。

 

タンパク質を多く摂る

 

アルコールを分解するときに、アミノ酸も多く使われます。

 

なので、お酒を飲む際に、肉や魚、乳製品等のタンパク質を多く摂ると、二日酔いになりにくくなります。

 

よくおつまみとして挙げられるのが、チーズ、サラミ、ビーフジャーキー、するめ、干物、小魚、ナッツ等の豆類等、タンパク質を多く含んでいるものが多いです。

 

これは、単にお酒に合うだけでなく、割と理にかなったおつまみとも言えます。

 

なるべく食事する

 

お酒が入ると、あまり食事しなくなる人が多いですが、空腹の状態でお酒を飲むとアルコールの吸収率が上がります。

 

アルコールの吸収率が高いと、血中アルコールの濃度がすぐに高くなって、アルコール分解する時間もかかってしまい、二日酔いになりやすくなります。

 

なので、お腹がすいていなくても、せめてナッツ等の軽いものでもいいので、なるべくなにか食べるようにしてください。

 

寝る前は多めに水分補給

 

盛り上がりすぎて、ついうっかり飲み過ぎてしまった時は、寝る前に必ず水分補給しましょう。

 

これはアルコールを分解するときに大量の水分が使われ、脱水症状にならないようにする為です。

 

この寝る前の水分補給をするかしないかで、次の日の結果が変わりますので、結構重要な事でもあります。

 

また、水に限らず水分補給の効率がいいスポーツドリンクも効果的なので、飲み会の帰りに、コンビニ等によって買って帰るのもいいでしょう。

 

とにかく、この寝る前の水分補給はしっかり行ってください。

 

ちなみに、飲んでいる時に、飲んだ量の同量の水を交互に飲んでいくのもかなり効果があります。

 

それに、この方法だと酔う事も少なくなります。

二日酔いになったら?

 

どんなに原因がわかっていても、つい飲み過ぎて次の日二日酔いになる事はよくあります。

 

では、二日酔いになったら、どうやって治すのがいいのでしょうか?

 

一つ一つ見ていきたいと思います。

 

まずは水分補給

 

アルコール分解に大量の水を使った為に、体内の水分が十分に足りていないことになります。

 

なので、まずは水分補給をして、脱水状態から抜け出す必要があります。

 

ただ、一気に飲んでも水分はすぐに補給してくれないので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクを少量ずつ飲むようにして、水分補給していきましょう。

 

コーヒーや紅茶を飲む

 

コーヒーや紅茶に含まれているカフェインは、二日酔いによっておこった頭痛や、ぼーっとした脳を覚醒させてくれる効果があります。

 

また、利尿作用もあるので、体内に残っているアルコールを排出してくれる手助けもしてくれます。

 

ただ、二日酔いの時は、胃が荒れているので、少々厳しい部分もあります。

 

そういう時は、牛乳も一緒に入れて飲むといいですよ。

 

タンパク質も取れますしね。

 

トマトを摂取

 

トマトにはリコピンという成分がふくまれているのですが、この成分はアセトアルデヒドの作用を抑える効果を持っています。

 

また、トマトに含まれるクエン酸がアルコールによって荒れてしまった胃を修復する効果をもっています。

 

その他、GABAという成分がアルコールで弱った肝臓を助けてくれる効果を持っている等、トマトは二日酔いにかなり優秀な食材です。

 

生のまま食べたり、トマトジュースを飲むなどして、トマトを摂取するようにしましょう。

 

シジミの入った味噌汁を飲む

 

シジミにはオルニチンという成分は、肝臓の働きを手助けしてくれる効果があり、アルコール分解にも一役買ってくれます。

 

また、味噌もタンパク質を豊富に含んでおり、味噌汁の出汁に使われる、煮干しやカツオ、昆布等は、どれもアミノ酸を含んでいますので、二日酔いにかなり効果が期待できます。

 

胃にも優しいので、一石二鳥です。

 


 

二日酔いは、なったら本当につらいものです。

 

私の場合、ひどい時は、起きた後もまだ目がぐるぐる回っている事があり、頭痛と吐き気でかなり苦しめられました。

 

しかも、その日は仕事という事もあり、かなり辛かったです。

 

ただ、二日酔いは確実に防止ができるものなので、皆さんもしっかり二日酔いの予防をして、楽しくお酒を飲みましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ