普通の塩と岩塩って違いはあるの?意外と知らない塩の違いや豆知識

 

我々人間が生活する上で、欠かせない調味料と言えば塩です。

 

塩は料理の基本中の基本の調味料で、使わない場面は少なくありません。

 

最近では、塩からこだわりを持つ人も増えはじめ、スーパー等に色々な種類の塩が売られるようになりました。

 

しかし、色々な種類の塩が出ているのはわかりますが、普通の塩とはどう違うのでしょうか?

 

特に、最近よく出ている岩塩。

 

その名の通り、岩でできている塩ということなのですが、私たち日本人がよく見る食塩は、海水からできた塩が一般的です。

 

この岩塩は、私たちがよく口にする海塩と一体どう違うのでしょうか?

 

それに、味や栄養も変わってくるのか、気になるところでもあります。

 

という事で、今回は、塩の違いについて等、塩の色々を調べてみました。

 


 

塩の原料の違い

 

 

塩の原料は大きく分けて、3つ種類があります。

 

これらの塩の栄養素は、原料によって違いが出てくるので、同じ塩というくくりではありますが、栄養価もそれぞれ変わってきます。

 

この3つの塩については、以下が挙げられます。

 

海塩

 

海水を蒸発させて作る塩の事をさします。

 

製法としては、天日干しや釜で煮詰めたりする「天然塩」とイオン交換膜製法という製法で作った「精製塩」とがあります。

 

精製塩は天然塩よりも、大量生産できて、且つ安価で品質も安定しているので、私たちの食卓によく並ぶ、「食塩」や「食卓塩」として売られています。

 

しかし、その分ミネラル等の成分はほぼ取り除かれているので、成分としてはほとんど塩化ナトリウムとなっています。

 

一方、天然塩はマグネシウムやカリウム、カルシウム等のミネラルがたくさん含まれていますが、製法としては手間がかかりすぎる為に、精製塩より値段が高くなっています。

 

岩塩

 

はるか昔に海だった場所が、地殻変動などによって隆起し、その部分の水分が長い時間をかけて蒸発して、化石化したものを指します。

 

岩塩という名前ではありますが、岩塩は岩ではなく、岩のように硬い塩の塊という事です。

 

ヒマラヤ山脈やアンデス山脈の岩塩が有名ではありますが、実は岩塩は世界各地で採れるものです。

 

なので、世界で多く生産されているのは、海塩ではなく、実は岩塩なのだそうです。

 

しかし、日本では岩塩は全くて採れないので、岩塩にはほとんど馴染みがないものとなります。

 

湖塩

 

湖塩は、塩湖と呼ばれる、岩塩になる途中の湖から摂れた塩の事を指します。

 

採れる場所は世界でも限られているので、大変貴重な塩でもあります。

 

有名な所で行くと、ウユニ塩湖、カスピ海、死海、グレートソルト湖等が挙げられます。

 

味の違いや料理の用途

 

岩塩や海塩は味に大きな違いがでています。

 

味の違いが決定づけられるのが、塩に含まれるミネラルの量になります。

 

ミネラルが多く含まれていると、塩辛いだけでなく、甘味や酸味等も感じられます。

 

ちなみに、各ミネラルでの味は以下のような感じになります。

 

  • ナトリウム→塩辛味
  • カルシウム→甘味
  • マグネシウム→苦味
  • カリウム→酸味

 

海塩

 

海塩についてですが、海塩は天然塩であれば、ミネラルを豊富に含んだものとなりますので、とてもマイルドな味わいになります。

 

しかし、精製塩となると、ミネラルはほとんど含まないので、天然塩と違って塩辛くなってしまいます。

 

海塩は、溶けやすく扱いやすいので、色々な料理に扱われる事が多いです。

 

岩塩

 

岩塩には、ミネラルがほとんど入っていないので、味は塩辛くなっています。

 

また、溶けにくいのも特徴なので、煮込み料理やドレッシングには適さず、味が塩辛い所から、主に肉料理(特に焼き物)に使われる事が多いようです。

 

どちらかというと、香辛料みたいな立ち位置ですね。

 

また、料理以外にも、入浴時のアイテムとしても使われる事が多いみたいですね。

 

採取方法の違い

 

海塩や湖塩は、製法は色々ありますが、基本的には水分を飛ばしてできた塩を採取する形となります。

 

なので、製法によっては手間と時間がかかるものでもあります。

 

一方岩塩に関しては、製法というよりかは、採掘になります。

 

岩塩の鉱山で岩塩を掘り出して、それを各地へ出荷する形となります。

 


 

私たちがよく食べている食塩は実はマイナーで、世界的には岩塩の方が多かったんですね。

 

塩=海みたいなイメージだったので、これはビックリしました。

 

むしろ、岩塩は何か特別な感じがしていたので、こっちの方がマイナーかと思っていました。

 

しかし、同じ塩でも種類によって、結構違いがあるんですね。

 

塩も中々奥が深いものです。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ