ホワイトデーになぜお返しするの?起源は?ホワイトデーの素朴な疑問

 

2月14日にバレンタインにチョコをもらった男の子は、ちょうど翌月の3月14日のホワイトデーにチョコをもらったお返しとして、お菓子や小物等、もらった女の子にプレゼントします。

 

チョコをちゃんともらった男の子にとっては、お返しをなににすればいいのかと、色々と悩んでしまう日になります。

 

その悩みというものが、時折楽しくもあり、相手がどれだけ喜んでくれるのかワクワクしながらプレゼントを選ぶ人も少なくないでしょう。

 

そんな素敵なホワイトデーですが、少し疑問があります。

 

なぜバレンタインのお返しの日というものがあるのでしょうか?

 

チョコをもらってから、すぐにお返ししてもいい気がしますが、なぜそんな日を設けたのか不思議ではあります。

 

それに、なぜ「ホワイト」デーなのか?そもそもいつからやっていたのか?

 

色々と気になる所がたくさんあります。

 

という事で、今回はそんな疑問を解決する為に、ホワイトデーに関して、色々と調べてみました。

 


 

ホワイトデーとは?

 

ホワイトデーとは、男性がバレンタインの日に女性からチョコをもらったお返しとして、キャンディーやマシュマロ、ホワイトチョコレート等のお菓子をプレゼントする日となっています。

 

日付は3月14日で、バレンタインとは違い、日本で生まれたイベントとなっています。

 

中国・台湾・韓国等、東アジアでの一部は、このイベントが定着してきていますが、欧米等はこのような習慣は一切ないようです。

 

最近では、友チョコ等、バレンタインデーが多様化してきているので、ホワイトデーは男性が女性へお返しというよりも、チョコをもらった人がお返しする日となってきています。

 

ホワイトデーの起源

 

ホワイトデーの起源は、日本でのバレンタイン同様に、様々な企業が「自分たちが始まりだ」と主張しています。

 

なので、どれが本当なのかは定かではないようです。

 

一番有力なのが、以下の企業の主張となっています。

 

不二家・エイワ

 

1970年頃、日本でバレンタインが定着していったので、「それに対してお返しの日を作ってはどうか?」という案が出されました。

 

これを受けたお菓子業界は、個々にお返しの日を決めて、ビスケットやキャンディ、マシュマロ等をお返しのプレゼントとして、宣伝していきました。

 

不二家もそれに準じて、「リターン・バレンタイン」という名称でお返し用のお菓子を宣伝していきました。

 

1973年に同業者であるエイワと協力して、3月14日にてマシュマロを販売するキャンペーンを開始しています。

 

これが後のホワイトデーという事で、不二家・エイワが自分たちが起源だと主張しています。

石村萬盛堂

 

石村萬盛堂は、黄身餡を白いマシュマロでくるんだ「鶴乃子」というお菓子を作っている、福岡の老舗菓子屋です。

 

ある日石村萬盛堂の社長は、「バレンタインのお返しにマシュマロでも渡してほしい」という文章が少女雑誌に掲載されているのを目にしました。

 

これをみて社長は、チャンスだと思い、バレンタインデーのお返しにマシュマロを渡すという日を設けて、お返し用のマシュマロ菓子を売り出し始めます。

 

当時はこの日を「マシュマロデー」と呼んでおり、百貨店岩田屋のアドバイスで、萬盛堂が閑散期になる3月14日に設定されて、1978年3月14日からキャンペーンが開始されたとされています。

 

全国飴菓子工業協同組合

 

全国飴菓子工業協同組合(全餡協)は1978年頃に「キャンディを贈る日」として、3月14日をホワイトデーを制定しました。

 

その後、1980年より、三越・電通の協力を得てイベントやキャンペーンを開始させていったとされています。

 

ホワイトデーを3月14日にした理由は、バレンタインの起源を元に設定しています。

 

バレンタインの起源となった、ヴァレンティヌスは、当時発令されていた、兵士の結婚禁止令の政策から救うために、兵士たちの結婚式を皇帝には内緒で挙げていましたが、結局皇帝にバレてしまい、269年2月14日に処刑されてしまいます。

 

この処刑された一ヶ月後の3月14日に、2月14日に愛を誓い合った男女が、改めて永遠の愛を誓ったと言われています。

 

この話を元に、全餡協は3月14日をホワイトデーにしたと言われてます。

 

また、古事記や日本書紀にて、餅が作られたのが3月14日前後(ここは曖昧)とされているので、こちらも元にしているそうです。

 

他にも、色々と説はあるようですが、後に他業界にもキャンペーンを拡張させるためにも、1980年代に正式にホワイトデーに変更されていったようです。

 

ただ、いずれの説も3月14日が被っているのが、何気にすごいと思います。

 

理由は色々あるはずなのに、うまく被ったものですよね。

 

なぜにホワイト?

 

ホワイトデーはなぜに「ホワイト」なんでしょうか?

 

白は「幸福を呼ぶ」だったり「縁起がいい」といった意味をもっており、かつ「純愛」や「純粋」という意味も持っています。

 

当時は、若い男女が行うイベントであったため、「若者の純愛」に白はイメージがピッタリだったため「ホワイトデー」にしたとされています。

 

また、マシュマロや砂糖の色を意味している部分もあるようです。

 


 

 

バレンタインのお返しの日を作ろうという発想が、なんとも義理堅い日本人らしいというか、国民性が出ていますよね。

 

まあ、お菓子を売る為にそれを利用した、みたいな見方もできますが、それでも今の時代まで定着しているわけですから、凄いもんですよね。

 

ホワイトデーの起源を聞いて、なんか釈然としないという人もいるでしょうが、結果的にみんな楽しんでいるのならいいと思います。

 

ホワイトデー自体も、私は素敵なイベントだと思いますので、これからも長く続いてほしいですね。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ