都市ガスとプロパンガスの違いは?知らないと損するガスの基礎知識

 

生活する上で、ガスはなくてはならないものとなっていますが、住んでいる家や地域によって使っているガスは違います。

 

一般的には、都市ガスかプロパンガスかで分かれるかと思いますが、この二つのそれぞれの特徴や違いとは一体なんでしょうか?

 

ガスは毎日使うものなので、特に料金の違いについてはよく知っておきたい所です。

 

という事で、今回は都市ガスとプロパンガスの違いについて調べてみました。

 


 

プロパンガスとは?

 

プロパンガス(LPガスとも言う)とはプロパンやブタンを主成分とするガスで、本来は液化石油ガスと呼ばれるものになります。

 

空気よりも重く、常温でも低い圧力で液化するので、液体のままボンベに入れて、これを気体にして利用します。

 

ボンベに入れて運搬する方法をとっているので、都市ガスが配備されていないような郊外や地方都市では、よくこのプロパンガスが利用されています。

 

都市ガスとは?

 

都市ガスはメタンを主成分とした天然ガスの事です。

 

プロパンガスとは違い、液化させるには圧縮するだけでなく、-160℃以下まで冷やす費用があるので、運搬するには手間がかかってしまいます。

 

なので、運搬はせずに、気化したものを、地中に張り巡らされたガス管を通して、各家庭に提供される形となります。

 

 

料金の違い

 

都市ガスは公共料金の為、国や公的機関が定めガイドラインに沿って、料金が決められています。

 

しかし、プロパンガスは自由料金の為、国や公的機関が定めたガイドラインを無視して、各業者が自由に料金が設定する事ができます。

 

その為、都市ガスよりもプロパンガスの方が高い傾向にあり、1.5~2倍ぐらいの差が出てくるようです。

 

なので、これから引っ越しされる方は、その家のガスが都市ガスなのか、プロパンガスなのかをしっかり見ておいた方がいいでしょう。

 

災害復旧の速度の違い

 

プロパンガスは液化したガスをボンベに入れて供給するものなので、設置がとても速く楽です。

 

その為、災害時もすぐに復旧する事が可能となります。

 

対して都市ガスは、地下に張り巡らされたガス管を通して、ガスを各地に供給するので、災害時や事故等によってガス管が破損した場合、破損個所の確認、その部分を修復、周りの安全確認等々と、復旧する為の工程が多い為、復旧にかなり時間が取られてしまいます。

 

災害時の復旧の面を考えると、プロパンガスに軍配が上がってしまいます。

 

火力の違い

 

プロパンガスは1㎥あたりの熱量が、約24000kcalとなっており、都市ガスの場合は1㎥あたりの熱量が、約11,000kcalとなっています。

 

プロパンガスと都市ガスでは、熱量が2倍近く違うので、圧倒的にプロパンガスの方が、火力が高くなっています。

 

その為、プロパンガスは飲食店に使われている事が多いのが特徴です。

 

ただ、都市ガスが火力が弱いといっても、普通に生活する上では何の問題もないので、あまり気にする点ではありません。

 

しかし、お店のような高火力で作るような料理は、再現しにくいものとなります。

 

空気の重さ

 

都市ガスはメタンを主成分としているので、空気よりも軽くなっており、換気もすぐにできます。

 

空気よりも軽いので、天井にも溜まりやすくはなりますが、窓を開けるとすぐに放出する事ができるので、特に問題はありません。

 

しかし、プロパンガスは空気よりも重くなっているので、底にガスが溜まりやすくなり、窓を開けても換気ができなくなります。

 

なので、プロパンガスの人の場合は、窓とドアを開けた上で、ほうき等で掃き出す必要があります。

 

都市ガスは専用器具が入る

 

都市ガスはガス会社にによって、供給されるガスの成分が変わってきます。

 

その為、今まで使っていたコンロ等のガス機器が使えない場合があり、もし使えないと専用のガス機器を買いなおさなければなりません。

 

対して、プロパンガスはどの業者も成分が変わらないので、そのままガス機器を使いまわすことが可能になります。

 

導入時のコスト

 

都市ガスの場合は家に取り付ける工事を自腹で行う必要があります。

 

また、取り付け工事も、地中からガス導管を引きこむ必要があり、かなり手間がかかる為、思った以上に高額になります。

 

場合によっては、取り付け工事だけで10万程かかったりします。

 

対して、プロパンガスは設置するだけでいいので、初期費用も安く済みます。

 

業者によっては、設置費用を全て負担してくれる所もあります。

 

プロパンガスは料金の交渉ができる

 

プロパンガスは自由料金の為、ガス代が高くなりがちではありますが、業者が自由に決める金額だからこそ、料金の交渉が可能になってきます。

 

なので、交渉次第では、プロパンガスの高いガス代も通常より、安く使用できる可能性があります。

 

都市ガスは公共料金なので、そんなことはできませんが、プロパンガスの人は一度料金を交渉するのもいいと思います。

 


 

プロパンガスと都市ガスもそれぞれ、メリットデメリットがあるようですが、普通に生活するだけなら、都市ガスの方がよさそうですね。

 

災害時の心配もありますが、家で本格中華料理を作りたいわけではないですし、料金の安さ等も踏まえると、やはり都市ガスになりますね。

 

これから、引っ越す人はガスの部分はしっかりと確認しておきましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ