水道代を抑えるには?一人暮らしするなら覚えたい節約術~水道代編~

 

水道を使う場面と言えば、キッチン、洗濯機、お風呂、洗面所、トイレと結構あり、生活する上で必要なものでもあります。

 

今まで、実家にいたときは水道は親が払っていたので、歯磨きの時は出しっぱなし、シャワーの時に体を洗っている時も出しっぱなしと、特に気にせず使っていたと思います。

 

いざ一人暮らしを始めた時に、実家にいた時と同じように水道を使っていると、思った以上に料金がかさんでしまいますので、注意が必要になります。

 

では、水道代を抑えるにはどんな方法があるのでしょうか?

 

今回は、水道代を節約する方法について調べてみました。

 


 

水道代の節約をやり過ぎると損?

 

水道は基本使用料金が定められていて、一定の使用量までは料金は変動しません。

 

例えば基本使用料金が1500円だった場合、その月の使用量が200円程度だったとしても、基本使用料金である1500円は支払わなければいけません。

 

なので、水道代の節約はやり過ぎると逆に損する事もあります。

 

しかし、だからといって際限なく使えるわけではないので、一人暮らしをする前から、水道を出しっぱなしの場面が多かったと思う人は節約した方がいいでしょう。

 

とりあえずは、まずは自分の地域の基本使用料金を知り、どこまで使っていいのかを把握する事が必要となりますので、節約する前に一度自分の住む地域の水道代について調べておきましょう。

 

水道代を節約する方法

 

水道代の基本使用料金や、水の使用量によって、水道代を節約するのは無意味な場合がありますが、普段から水を出しっぱなし、シャワーの時間が長いという人は節約した方がいい場合があります。

 

そういった人達に向けて、水道代を節約する方法について、一つ一つ見ていきたいと思います。

 

水は流しっぱなしにしない

 

これは、キッチン、洗面所、お風呂場と、全てに言えることで、基本中の基本です。

 

キッチンでの洗い物は流さない時は出さない、洗面所での歯磨きも口をゆすぐまで出さない、お風呂で体や髪を流さない時は出さない、といった具合に流しっぱなしにしないだけでも、かなりの節約になりますので、今まで流しっぱなしだった人は、ここから始めていくようにしましょう。

 

シャワーに至っては、ガス代の節約にもなるので、一石二鳥です。

 

使った食器や調理器具はすぐ洗う

 

使った食器や調理器具は時間が経つと汚れがとれにくくなるので、水や洗剤を余計に使ってしまう場合があります。

 

なので、食器や調理器具などは、なるべくすぐに洗う用にしましょう。

 

使った食器は一度拭き取る

 

使った食器をすぐに水につけようとせずに、一度キッチンペーパー等で汚れをふき取ってから洗うと、少ない量の水と洗剤で汚れを落とす事が可能です。

 

水だけでなく洗剤の節約にもなるので、洗う前に一度汚れを拭いておきましょう。

 

シャワーの時間は短く

 

シャワーの時間が長ければ長い程、水道代もかかってしまいます。

 

また、シャワーは水道代だけでなく、ガス代もかかるので、シャワーの時間はなるべく短くするようにしましょう。

 

キッチンタイマーを使って、時間を決めておくのもいいかもしれません。

 

お風呂はペットボトルでかさ増し

 

浴槽にお湯を溜めて、お風呂に入る時はどうしても大量の水が必要となります。

 

水道代節約の為に、単純に量を減らすのもいいのですが、それだとお湯の量が少ないので、肩までつかれなかったりします。

 

そういうときは、水の入れた2Lのペットボトルを数本入れてかさ増しすると、少ないお湯でも肩までつかれますので、オススメですよ。

 

歯磨きの時の水はコップ一杯

 

歯磨きの際、口をゆすぐ時に水を出しますが、その時に結構出しっぱなしにする人が多いと思います。

 

それを防ぐ為に、歯磨きの時にコップ一杯の水を用意して、この水で口をゆすいだり、歯ブラシを洗うようにすると、水道代が節約できます。

 

昔から、流しっぱなしが癖になっている人は特に実践しましょう。

 

トイレは基本「小」で

 

トイレで用を足すときに、大体の人が「大」で流していると思います。

 

ただ、これだと「小」で済むものでも「大」で余計に水を使っているので、水を無駄に使用している事になります。

 

なので、「小」で済むようなものなら、基本的に「小」で流すようにしましょう。

 

洗濯機はスピードコースがオススメ

 

洗濯機で標準コース以外に、スピードコースといものがあります。

 

このスピードコースというのは、洗う時間が早い分、水の使用量が少なくなるので、標準コースよりは節水できる事になります。

 

ただ、汚れがしっかり落ちるわけではないので、大した汚れではないならスピードコース、しっかり洗わないといけない場合は標準コースと、使い分けていきましょう。

 


 

一人暮らしをする前から、水道についてしっかり教育を受けたり、元々水をあまり使わないという人は、節水とは関係ないかもしれませんが、大半があまり気にせず水を使ってきた人だと思います。

 

そういう人が、初めて一人暮らしすると、水道代で苦労したりするので、なるべく水に関しては意識した方がいいでしょう。

 

まあ、これは水道に限らず、電気やガスにも言える事ですけどね。

 

初めの内は慣れないでしょうが、その内慣れてくるので、しっかり節約できるように頑張っていきましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ