ガス代を抑えるには?一人暮らしするなら覚えたい節約術~ガス代編~

 

ガスを利用する場面と言えば、キッチンのガスコンロを利用する料理と体を綺麗に洗うためのお風呂です。

 

この料理とお風呂の使い方によって、ガス代の料金も大きく変わり、場合によってはかなり高額になったりします。

 

一人暮らしでは、案外ガスを利用する場面で油断しがちではあるので、気づけば高額なガス代になっていたなんて事も少なくありません。

 

では、どうやってガス代を節約すればいいでしょうか?

 

今回は一人暮らしなら知っておきたい、ガス代の節約方法について調べてみました。

 


 

ガス代の節約方法

 

ガスを利用する場面は基本的には料理とお風呂のみになります。

 

なので、電気を利用する場面より少ないのですが、使い方によっては電気代よりもかかったりするので、電気代以上に気を付けなければなりません。

 

では、どうやって節約していくといいのでしょうか?

 

一つ一つ見ていきたいと思います。

 

強火での料理は控える

 

強火だと、調理器具が熱しやすくて、料理もしやすいですが、その分ガス代が多くかかってしまいます。

 

なので、なるべく強火での料理は避けて、最大でも中火にしておいた方がガス代を節約できます。

 

フタは必須

 

フライパンや鍋で調理するときに、フタを使って料理すると、通常よりも熱が伝わりやすくなるので、その分調理のスピードも速くなります。

 

煮物、炒め物、蒸し物にも幅広く活用が可能なので、フタをうまく活用しましょう。

 

フライパンや鍋は濡れたまま使わない

 

フライパンや鍋を洗った後など、鍋底濡れたままの状態でコンロに火をかけると、熱が効率よく全体に伝わらない為、ガスを無駄に使用することになります。

 

なので、使用する際は、必は水を拭き取ってから使用しましょう。

 

備え付けのコンロ以外の家電や調理器具をうまく活用する。

 

調理する際に、備え付けのガスコンロだけでなく、電子レンジや電子ケトル、カセットコンロや卓上のIHヒーター等もうまく活用すると、ガス代も節約できます。

 

たとえば、少し凝った煮込み料理をしたいのなら、カセットコンロや卓上のIHヒーター、お湯を沸かすなら電子ケトル、温めや解凍作業をするなら電子レンジ等、調理に合わせて使い分けましょう。

 

また、家電以外にも、圧力鍋や保温鍋など、保温効果に優れた調理器具もガス代節約に一役買ってくれますので、こちらの使用もオススメします。

 

コンロの炎が鍋底からはみ出さないようにする。

 

鍋に火をかけるときに、コンロの炎が鍋底からはみ出してしまうと、熱効率が悪くなるので、逆に無駄になります。

 

こういったケースは小さい鍋を使用するときに多く見られるので、鍋のサイズに合わせて炎を調整するか、大き目の鍋で調理するようにしましょう。

 

食器を洗うときは給湯器は使わない

 

冬場などは特にそうですが、食器などを洗うときに、給湯器のお湯を使用している人が多いと思いますが、これはガス代が思った以上にかかるので、オススメしません。

 

しかし、夏場はいいですが、冬場は水がかなり冷たいので、食器などの洗い物はキツイと思います。

 

そういう場合は、ゴム手袋等をして洗うようにしましょう。

 

シャワーのお湯を出す時間は短く

 

シャンプーをしている時や、体を洗っている時に、シャワーのお湯は結構出しっぱなしにしている人が多いと思いますが、ガス代の事を考えるとあまりいい事ではありません。

 

極力シャワーを使用する時間を短くして、流さないときは切ってしまうなどして、工夫していきましょう。。

 

シャワーを使用する時間を決めてしまって、タイマーを設置するのもいいですよ。

 

ちなみに、シャワーの時間を1日1分減らすだけで、年間1700円程の節約になるのだとか。

 

節水シャワーヘッドを使う

 

シャワーヘッドを節水できるタイプに変更すると、単純にお湯を使う量が減るので、水道代だけでなく、ガス代の節約にも効果的です。

 

ヘッド自体もそこまで高くないので、一度変えてみるといいでしょう。

 

お湯の温度を下げる

 

お湯の温度が高ければ高いほど、その分ガス代もかかってきます。

 

ちなみにシャワーの温度1℃上げる為に必要なガス代は、5分で約1.2円、10分で約2.3円、15分で約3.2円程だそうです。

 

なので、43℃から40℃に温度を下げて、1日15分のシャワーを行うと1日で約10円の差が出てきており、これを1年にすると約3700円程の節約になります。

 

なので、浴槽にお湯を溜めるときも、シャワーを使用するときも、なるべくお湯の温度下げるようにしましょう。

 

一人暮らしならお風呂よりシャワー

 

一人暮らしの場合だと、お風呂に入るより、シャワーのみの方が、使うお湯の量も少なくなるので、ガス代の節約を考えるなら、シャワーの方がいいです。

 

さらに言うと、シャワーの時間が短いとお風呂に比べて、はるかに安くなります。

 

ただ、シャワーだけだと、疲れがとれないこともあるので、たまにはお風呂に入るなどして、無理しないようにしてください。

 

お風呂のお湯は少なめに

 

浴槽に溜めるお湯の量が多ければ多いほど、ガス代があがるので、お風呂に入るときはお湯は少なめにするようにしましょう。

 

ただ、お湯が少ないと、肩までお湯に浸かれないので、そういう時は、水入りの2Lのペットボトルを数本入れると、かさが増すので、肩まで浸かれるようになります。

 

追い炊きはなるべく使わない

 

お風呂の追い炊き機能は、お風呂を常に温かくできるので便利ですが、その分ガス代がかかるため、使用は控えましょう。

 


 

こうしてみると、自炊しなければ、その分ガス代はかからないんじゃ?と思ったりしますが、外食費の事を考えると、自炊した方が圧倒的に節約になります。

 

生活費を抑えるなら、自炊は必須になるので、こうしたガスの使い方をうまくしていかなければなりませんね。

 

また、入浴に関しても、シャワーだけじゃ物足りませんが、ガス代の事を考えるとシャワーで済ませたほうがよさそうですね。

 

夏場はよさそうですが、冬場は少しのシャワーだと体が冷えるので、風邪ひかないように注意が必要になりますね。

 

まあ、無理して節約しても、楽しく生活できないですから、無理のない範囲で、できるところからやっていきましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ