AGA改善に効果的な食材は?

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で、「男性型脱毛症」のことをいい、このブログでもご紹介をさせていただきました。

 

このAGAと呼ばれる症状により、世の男性にとっては悩みの種になっている人は多いかと思います。

 

実際に対策をするにはどうすればよいでしょうか。

 

こちらの症状の原因は主に男性ホルモンの分泌であったり、遺伝によるものであったりするのですが、生活習慣も大きく関わっているようです。

 

そこで、今回は普段の食生活に焦点を向け、AGA対策に効果的な食事についてご紹介します。

 

普段から栄養が偏りがちで、AGAに悩まされているかたは是非、参考にしてください。

 

もしかしたら、改善の糸口が見つかるかもしれません。

 


 

AGAの改善の為のオススメの食材

 

AGAの原因の一つとして、食事・生活習慣があげられます。

 

栄養のバランスの悪い食事ばかりだと、AGAになってしまう可能性がありますので、日々栄養のバランスの良い食事が必要となります。

 

ここでは、AGAに効果的な食材を紹介していきたいと思います。

 

AGA対策の食材 ~ 大豆 ~

 

大豆は畑の肉と言われており、植物性のタンパク質を摂取することができます。

 

髪の主な成分はタンパク質なので、元気な髪を作る為に必要不可欠な栄養素を大豆で補えると言われています。

 

また、大豆にはイソフラボンが含まれており、 AGAの原因となっている男性ホルモンを作りだす酵素を抑えることができるようです。

 

 

AGA対策としては優秀かと思われますので、積極的に取りたいですね。

AGA対策の食材 ~ 鶏肉 ~

 

鶏肉は動物性タンパク質を多く含んでいる食材です。

 

その中でも特に意識して摂取してもらいたいのが、むね肉です。

 

むね肉はタンパク質だけでなくビタミンやミネラルも豊富で、その中でも髪にいいとされているビタミンB6が多く含まれています。

 

ビタミンB6は細胞の成長を促進させる為、頭皮や髪の状態をいい状態にしてくれる働きがあります。

 

また牛肉や豚肉と比べると脂肪が少なく、カロリーも比較的少ない為、ぜひ積極的に摂取したいですね!

 

AGA対策の食材 ~ 海藻類 ~

 

 

海藻には髪にとって必要なミネラルがたくさん含まれています。

 

昔から、ワカメを食べると髪の毛が生えると言われていましたが、あながち間違いではなかったのです。

 

ミネラルには髪を瑞々しくする力があり、 髪の毛を作るときに働く酵素の働きを助ける力もあります。

 

タンパク質と一緒に摂るのが効果的とされているので、先ほどご紹介した大豆製品である味噌汁と一緒に摂取するのがおすすめです。

 

AGA対策の食材 ~ 緑黄色野菜 ~

 

緑黄色野菜の定義としては、「100g中にベータカロチンを600マイクログラム(μg) 以上含んでいるもの」とされています。

 

代表的なのが、ピーマン、ニンジン、ほうれん草、かぼちゃ、トマト等があげられます。

 

濃い色の野菜がおおいですね、

 

この緑黄色野菜に含まれているビタミンAが髪にとって重要なもので、毛穴を清潔に保ったり、頭皮の乾燥を防いだりしてくれます。

 

そのほかにも高血圧の予防にも効果的なので、血圧が気になる方は是非摂るようにしましょう!

 

AGA対策の食材 ~ フルーツ ~

 

フルーツにはAGAの原因の一つであるストレスを緩和させるビタミンCが含まれているものが多いです。

 

特に、柿、キウイ、レモン、アセロラなどがビタミンCをより多く含まれています。

 

ビタミンCには抗酸化作用という働きを持っており、体を酸化させてしまう、活性酸素を抑える効果もあります。

 

 


 

普段の食生活を改善するだけでも、効果が見込めます。

 

ですが、問題はこれをいかに継続するかになります。

 

継続して続けていれば、きっと改善の効果が見られるかもしれないので、少しずつでもいいので初めてみませんか?

 

何事もやってみないとわかりません!

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ