雛祭りに雛人形を飾るのはなぜ?3月に行う雛祭りの起源や意味とは?

 

3月のイベントといえばと言われて、ふと思い浮かぶのが雛祭りと答える人が多いのではないでしょうか。

 

特に女性や女の子のいる親御さんなんかは馴染みの深いものなのではないかなと思います。

 

私は男兄弟だったので、雛祭りには全く縁のなかったものなのですが、雛祭りについて少し疑問があります。

 

雛祭りと言えば、3月3日に雛人形を飾るものなのですが、なぜ雛人形を飾るのでしょうか?

 

それに、そもそも雛祭りという物自体なぜあるのか?という所も気になります。

 

という事で、今回は雛祭りの起源や由来等、雛祭りについて色々と調べてみました。

 


 

雛祭りとは?

 

雛祭りとは、女の子の今後の健やかなる成長を祈る年中行事の一つです。

 

祭りといっても、地域を挙げて大々的基本的に行なわれるようなものではなく、基本的に各家庭で行なわれるもので、毎年3月3日に、雛人形を飾って、ひなあられや菱餅お供えし、白酒やちらし寿司をなどを楽しむお祭りです。

 

七夕や節分みたいな感じですね。

 

もちろん、地域によっては大きな雛人形を飾ったりなどして、大規模なものもあります。

 

雛祭りはいつから始まった?

 

雛祭りの起源は古代中国(秦)の頃まで遡ります。

 

当時は3月3日の事を上巳と呼ばれており、この日は忌むべき日とされていたので、自身の身体を川の水で清めて穢れを祓う日として、「上巳節」と定めていました。

 

この上巳節が日本に伝わり、平安時代の頃になると、この儀式から、元々日本にあった、楔や形代といった自分の穢れを他に宿す身代わり信仰を掛け合わせるようになり、独自にアレンジを加えていくようになっていきます。

 

本来上巳節で行なわれる儀式は自身が川の水で身を清めて穢れを祓う所なのですが、平安時代になると陰陽師がお払いをした後に、人形を撫でて穢れを移して、川や海に流し、無病息災を祈るようになります。

 

このような儀式は貴族だけでなく、庶民でも行なわれるようになり、「流し雛」という名前で今でも行なわれている所が多数存在しています。

 

また、その頃の貴族の女の子は「ひいな遊び」という遊びが流行っており、「ひいな」と呼ばれる人形を御殿や身の回りの道具を真似たもので遊んでいました。

 

要は「おままごと」の事ですね。

 

それから長い年月を経て江戸時代頃になると、人形を使った厄除けの儀式と女の子が遊んでいた人形遊びが、合わさるようになり、全国的に雛人形を飾った行事が行なわれるようになりました。

 

この流れから考えて、雛人形というのは、その家庭の女の子に降りかかる厄を守ってくれる意味が込められているわけですね。

 

また、雛祭りが女の子のお祭りというのも、女の子が遊んでいた人形遊びが合わさっているからではないかと考えられます。

 

ちなみに、雛祭りとして定着していったのは、天正年間以降だと言われています。

 

桃の節句

 

3月3日は上巳なので、上巳の節句と呼ばれていますが、桃の節句とも呼ばれています。

 

むしろこっちの方が馴染みがあると思いますが、なぜ桃の節句なのでしょうか?

 

理由としては、桃は昔から邪気を祓う厄除けの植物として、縁起物として大変よいものとされていました。

 

また、3月3日頃にちょうど桃の花が咲く頃なので、そうした理由から、3月3日を桃の節句と呼ばれています。

 

ちなみに、ルーツになっている中国の上巳節では、厄除けとして桃の木飾っていたりしたそうです。

 

雛祭りの食べ物の意味

 

雛祭りには、人形を飾るだけでなく、ひなあられや菱餅、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、白酒といったものを食べます。

 

これらにはそれぞれ意味があり、以下のような意味合いとして食します。

 

ひなあられ

 

ひなあられは小さく丸めたお餅や豆に、砂糖を絡めて炒ったあられで、白、緑、赤の3色のものと、ピンク、緑、黄、白の4色のものがあります。

 

あられの色にはそれぞれ意味があるのですが、3色のものと4色のもので、変わり以下のような形になります。

 

3色

 

白→大地のエネルギー

 

緑→木のエネルギー

 

赤→生命のエネルギー

 

4色

 

桃→春

 

緑→夏

 

黄→秋

 

白→冬

 

意味は違いますが、いずれも自然のエネルギーを得て、健やかな成長を祈る意味が込められています。

 

菱餅

 

赤、白、緑のそれぞれの色のお餅を重ねて、菱形に切ったものです。

 

ひなあられと同様に、それぞれの色に意味があり、赤は魔よけや桃の花、緑は健康や萌える若草、白は清浄や白い雪を表しており、「雪がとけて大地に草が生え、桃の花が咲く」と言った意味がこめられていると言われています。

 

また、緑のお餅には血を増やしてくれるよもぎ、白のお餅には血圧を下げる菱の実、赤のお餅には解毒作用のあるクチナシが使われており、娘の健康を願った親の気持ちも込められているそうです。

 

ちなみに、菱形は心臓を表しているとされているそうです。

 

ちらし寿司

 

ちらし寿司というよりかは、ちらし寿司に含まれている具に意味が込められています。

 

その具というのが、えび、れんこん、豆なのですが、それぞれ以下のような意味が込められています。

 

えび→長寿

 

れんこん→将来の見通しがいい

 

豆→健康によく、まめに働ける。

 

また、寿司は「寿を司る」と書くので、縁起物としてお祝いでは欠かせない料理になっています。

 

こうした意味合いから、雛祭りにちらし寿司を食べるようになったのではないかと考えられます。

 

はまぐりのお吸い物

 

はまぐりの貝殻というのは、対になっている貝殻でないとぴったり合わないものです。

 

こうした意味合いから、はまぐりの貝殻には仲の良い夫婦、一生一人の人に添い遂げられるようにと願いが込められています。

 

ちなみに、はまぐりの貝殻の特徴を生かして、平安時代には「貝合わせ」という遊びが流行っていました。

 

白酒

 

元々は桃の花を漬けた「桃花酒」という桃の花のお酒を飲まれていました。

 

桃は邪気を祓うとされており、また心身ともに充実するとされていたので、桃花酒は薬酒として中国から伝わっています。

 

江戸時代になると、みりんに米や麹を混ぜて一ヶ月程熟成させた「白酒」が親しまれるようになり、桃花酒よりも飲みやすく、桃の花と白酒で紅白となってめでたいという意味合いから、白酒が定着していくようになりました。

 

しかし、白酒はアルコール10%程で、子供は飲めませんので、子供は基本的に甘酒を飲むようになります。

 


 

私は、今まで雛祭りに馴染みはなかったものですが、こうして調べてみると中々興味深いものがたくさんあって、おもしろいですね。

 

雛祭りは、親が娘の為に、これからの健やかなる成長を願ったもので、親の愛がたくさん詰まっているものなんですね。

 

初めに雛祭りを始めようと思った人は、娘の為になにかしてあげたいという思いで、始めたんでしょうね、

 

女の子がいる人は、ぜひそうした愛をもって、雛祭りをしてあげてくださいね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ