バレンタインはなぜチョコを渡す?意外と知らないバレンタインの色々

 

2月14日と言えば、女の子の一大イベントであるバレンタインデー

 

この日は女の子が好きな男の子にチョコを挙げるという、なんとも微笑ましい日な訳なんですが、毎度この日に関して思っている事があります。

 

なぜチョコを渡すのか?

 

好きな人にあげるのなら、別にチョコでなくてもいいのでは?と思いますが、この日はチョコとなぜか決まってます。

 

まあ、他のプレゼントをしている人もいるでしょうが、それでも大半がチョコですよね?

 

しかもなぜ好きな人に渡すのか?

 

色々と疑問に思う事が出てきます。

 

という事で、今回はバレンタインデーについて色々調べてみました。

 


 

バレンタインデーの起源

 

バレンタインデーの起源は、時をさかのぼって時代はローマ帝国の頃と言われています。

 

ローマ帝国をクラウディウス2世が統治していた時代、クラウディウス2世は、「兵士に愛する人がいる状態で、愛する人を故郷に残していくと、士気が下がる」という理由で兵士に結婚を禁止するようになりました。

 

兵士はそのような理不尽な事を命じられて、当然嘆き悲しみ、反発したい気持ちでいっぱいでしたが、そんな事をしたら逆に殺される可能性もあるので、従わざるを得ませんでした。

 

キリスト教の司教であったヴァレンティヌスは、そんな兵士達をみて、憐れみを感じ、彼らをなんとかしてあげたいという気持ちに駆られて、皇帝にこっそりと結婚式を挙げさせていました。

 

こうしたヴァレンティヌスの好意は、兵士たちも大変感謝していましたが、皇帝に内緒で行うのも長くは続かず、ついにはバレてしまいます。

 

当然皇帝は怒って、ヴァレンティヌスに結婚させるのをやめろと命じましたが、ヴァレンティヌスはそのような命令にも屈せず、兵士たちの結婚をやめさせようとはしませんでした。

 

結果、ヴァレンティヌスは皇帝に処刑される事になり、処刑されるまで、彼は役目を全うしたとされています。

 

ちなみに、処刑された日は2月14日

 

この日は家庭と結婚の女神であるユーノーの祝日とされている日です。

 

ローマでは元々、2月15日にルペカリア祭というものがありました。

 

この祭の内容はというと、まず祭の前日(2月14日)に女が紙に名前を書いた札を桶に入れます。

 

そして、祭当日に男たちは桶から札を引き、引いた札の名前の女と一緒になるという事を決められてました。

 

大半はこのくじで決められたカップルが結ばれていたようです。

 

しかし、496年頃になって、キリスト教はこのルぺカリア祭は風紀を乱すものとし、禁じるようになります。

 

そして、ルペカリア祭をカップルが生まれる行事から、聖人を奉る行事と改変していきます。

 

ちょうど200年前のルペカリア祭時期(2月14日)に処刑されたヴァレンティヌスを新しい行事の守護聖人としました。

 

キリスト教によって改変された、行事は次第に男性から女性へ愛する気持ちを書いた手紙を渡す事が広まっていき、現代になると恋人達が贈り物やメッセージカードを交換し合うようになってきます。

 

これがバレンタインデーの由来となります。

 

バレンタインデーになぜチョコ

 

バレンタインデーにチョコを渡す風習は、実は日本だけのもので、別段チョコを渡す決まりはないのです。

 

では、なぜ日本ではチョコを渡すのか?

 

この件についてよく言われているのが、日本の企業によってチョコレートを売り出す為に、バレンタインを使ったという説です。

 

ただ、この説に関しては色々と説があり、どの企業が初めに言い出したのかがはっきりしていないものでもあります。

 

候補として挙げられるのが以下の会社です。

 

神戸モロゾフ製菓

 

1936年ごろに、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」という広告でチョコレートを売り出した会社です。

 

バレンタイン=チョコという広告を日本で一番初めに出したと言われています。

 

メリーチョコレートカムパニー

 

1958年2月に伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」というキャンペーンを行いました。

 

森永製菓

 

1960年に「愛する人にチョコレートを贈りましょう」という新聞広告を出し、1965年には伊勢丹にてバレンタインデーのフェアを行っています。

 

ちなみに、これがバレンタインデーが普及の契機だったのではないかと考えられています。

 

伊勢丹

 

日本でバレンタインデーのセールやフェアを行い、普及に一役買っているとされています。

 

しかし、伊勢丹が実施する以前から、他の百貨店も宣伝やセール等を行っている事もあり、デパート業界で最初というわけではないようです。

 

ソニープラザ

 

1968年に、チョコレートを贈る事を流行らせようとした企業で、「日本のバレンタインデーはうちが作った」と豪語しています。

 

これらの企業は「バレンタインデー=チョコレートを贈るもの」として、なんとかイメージづけようとしましたが、いずれもすぐに大きな反響があったわけではなく、定着も中々しなかったようです。

 

1970年の前半からようやく、高校生までの学生を中心に広がっていき、1980年後半頃になると主婦の間にも定着するようになっていきました。

 

ヨーロッパ・アメリカでのバレンタインデー

 

ヨーロッパやアメリカでは、基本的に男女問わず、花やケーキやカード等を、親しい友人や恋人などに贈るようになっており、日本と違ってチョコを渡すわけではありません。

 

また、愛する人だけではなく、お世話になった人や親しい人も対象となり、どちらかというと色々な人感謝する日という感じですね。

 


 

バレンタインデーにチョコというのは、やはり日本だけでしたね。

 

日本という国は、クリスマスもそうなんですが、その日の本来の意味を無視して、マーケティングを行うケースが多いですよね。

 

まあ、マーケティングする側からとすれば、利用できればなんでもいい、みたいな感じなんでしょうが。

 

でも、実際定着しているのだから、初めにやり始めた人は、やっぱりすごい商才の持ち主なんだと思います。

 

こうした知識を得る事で、バレンタインも別の見方ができて面白いですね。

 

以上、ここまで、読んで下さり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ