一人暮らしの部屋はいつ探す?一人暮らしを始める最適な時期とは?

 

今住んでいる実家から出て一人暮らしを始めたり、今現在一人暮らしでその場から引越したいと思うときに、重要になるのが、部屋を探す時期になります。

 

部屋探しというのは、時期によっては物件が中々見つからなかったり、引越しの費用が割高になっていまったりするそうなので、探す時期によってはスムーズに事が運ばなくなります。

 

もちろん、進学や就職の関係上、時期を選べない人も多いと思いますが、もし自分が自由に引越しできる状態であるなら、ベストなタイミングで引越ししたいですよね。

 

では、そんな部屋探しや引越しなどをするベストの時期というのは一体何なんでしょうか?

 

今回は部屋探しや引越しに最適な時期について調べてみました。

 


 

一年で一番引越しが多い時期

 

一年で一番引越しが多い時期は、1〜3月となっており、最もピークに達するのが、皆さんご存知の通り、3月後半から4月前半にかけてです。

 

理由は言わなくてもわかると思いますが、4月からは新大学1年生や新社会人の新生活が始まりますので、この時期が引越しのピークとなります。

 

なので、引越し業者はかなり忙しくなりますので、その分引越し料金も割高となり、予約を取るのも難しくなります。

 

一年で一番物件の空きがある時期

 

一年で一番物件の空きがある時期は、1月〜3月といわれています。

 

この時期は前述したように、4月からの大学生や新社会人の新生活が始まる人が多い為です。

 

その為、この時期が一番物件数が多く、自分求めている物件が見つかりやすい時期になります。

 

しかし、前述したように、この時期は引越しをする人も多く、引越しの料金が割高になるので、お金を抑えたいなら考えどころではあります。

 

月ごとの引越しの状況

 

一番引越しが多い時期はわかりましたが、それ以外の月はどんな状況なのでしょうか?

 

それぞれの月の引越しの状況がわかれば、自ずと引越しするタイミングも見えてくると思いますので、月ごとに一度見てみたいと思います。

 

1月

 

すでに4月から新生活が決まっている学生が動きだす月です。

 

なので、この時期が最も物件数が多くなっているので、自分が求めている物件も見つけやすくなっています。

 

しかし、物件が多くても、探している人も多いので、物件がすぐに決まる場合がほとんどなので、家賃交渉はまずできないと思ったほうがいいでしょう。

 

ちなみに、2月3月と比べて空いており、ゆっくり探すことができますので、4月から新生活を始める人は、この時期に行くのがオススメです。

 

2月

 

物件もまだまだありますが、1月と比べると減ってくるようです。

 

ここから物件もどんどん決まってくるので、あまりゆっくりと決めることができなくなります。

 

3月

 

この時期にほとんどの新社会人や学生が部屋を決めてきますので、物件もあまりものばかりになり、いい物件を見つけづらくなります。

 

さらに引越し料金もまだまだ高い時期なので、この時期の引越しはあまりオススメできません。

 

4月

 

4月の後半ぐらいにようやく新生活を始める人の引越しが落ち着きますが、またここからは別の波がやってきます。

 

次の波は、6月のジューンブライドで結婚する人たちの物件探しが始まります。

 

この時期になると、一人暮らし用の物件より、新婚さん向けの2DKタイプの物件が増えてきます。

 

なので、この時期は一人暮らし用の物件よりも、ファミリータイプの物件探しの方が捗ります。

 

5月

 

5月には大型連休であるゴールデンウィークがあります。

 

この大型連休を狙って、遅れて新生活を始めようという方もちらほら現れます。

 

物件は多いわけではないですが、混雑は避けれるのでゆっくり物件選びをする事ができます。

 

また、祝祭日というのは引越料金が下がるところが多く、天候も安定しやすいので、意外と5月はねらい目だったりします。

 

6月

 

梅雨の時期は物件選びする人が少ないので、空いているところが多いです。

 

しかし、この時期は天候が不安定で、且つジメジメしているので、集中して物件選びするのは体力的にも精神的にも厳しくなってきます。

 

そんなのは問題ないということであれば、引越料金も安い時期で、不動産屋も空いているので、じっくり物件選びができます。

 

7月

 

7月は梅雨明けで、気候も暑くなっていくので、この時期から物件選びする人も減っていき、不動産屋さんも引越し業者もかなり暇になります。

 

もちろん物件数も少ない時期なので、中々いい物件を見つけることができませんが、不動産屋さんが空いているので、じっくり時間をかけて相談や物件選びができます。

 

8月

 

8月は暑さのピークに達するために、7月同様に物件選びをする人も少ないです。

 

なので、不動産屋さんも引越し業者もまだまだ暇になります。

 

こういう暇な時期を見計らって、不動産屋さんに行って、不動産屋さんと仲良くなると、意外と表に出ていないような掘り出し物を発見できることもあります。

 

9月

 

9月からは転勤シーズンに入りますので、企業や会社員の人が物件選びは始めていきます。。

 

また、秋の結婚式シーズンに向けて、新婚さんが物件選びを始める頃になりますので、物件もどんどん増えていきます。

 

物件は増えていっていますが、まだ混み始めているわけではないので、ここは狙い目になってきます。

 

10月

 

10月は転勤する人や新婚さん向けに合わせて、新築の物件が増えてきます。

 

その為、一人暮らし用の物件は少ない傾向にあります。

 

11月

 

11月は9月10月の残り物や春に向けての準備で物件が意外と多くあります。

 

加えて、引越料金もピークの間に位置しているので、安く済ませることができます。

 

また、不動産もそこまで混雑しておらず、じっくり物件が見れるので、11月は意外と狙い目ではあります。

 

12月

 

12月は早めに進学先が決まった学生や就職先が決まった学生が、1月からの混雑を避ける為に動き出します。

 

なので、ここから多少不動産が混んできます。

 

とはいえ、12月は色々と忙しい時期なのです。

 

そんな時期に引越ししようと思う人は少ないので、時間に余裕があるのであれば、ある意味狙い目ではあります。

 

どの時期が一番いい?

 

一年間を通して、状況を調べてみましたが実際のところいつがいいでしょうか?

 

それぞれの月の状況を考えると以下の時期が考えられます。

 

最も最適なのは9月

 

引越しの時期としては最適ではないかと思われるのが9月です。

 

この時期物件数が多いにも関わらず、あまり混雑もしないので、なかなかいい条件で物件も見つかりやすいです。

 

また、引越し業者も比較的安いので、物件選びも引越しも最適な時期と言えます。

 

4月から新生活なら1月

 

4月から新生活を始めるような学生や社会人は、できれば4月付近から始めたい人も多いと思うので、9月に引越しは難しいと思います。

 

そういった場合にオススメなのが1月です。

 

1月は混雑し始める時期ではありますが、2月3月よりは少なめなので、割とじっくり物件を見ることができます。

 

また、物件数も多くなっているので、いい物件も見つかりやすいので、4月の新生活に合わせたいなら1月に始めるのがいいでしょう。

 

暇な時期は家賃交渉がやりやすい?

 

7月、8月は一年の中で一番引越しの動きがない時期の為、不動産屋さんが暇になります。

 

暑い時期に引越しする人は中々いないですからね。

 

部屋を貸している大家さんもこの時期はなかなか部屋が決まらない為、多少あせってきます。

 

そこから家賃交渉してでも部屋に入れたいという大家さんも出てきますので、この時期は家賃交渉がしやすくなっています。

 

お金をどうしても抑えたいのなら、案外この時期はいいかもしれませんね。

 


 

時期によって、引越しの動きが変わってくるというのは、中々面白いですね。

 

これから引越ししたい人や、いつか一人暮らししたいなと思っている人は是非参考にしてください。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ