一人暮らしに必要な物は?初めての一人暮らしで最低限必要な物をピックアップ!

 

就職や進学等で、新しい生活を迎えるのに合わせて、この機会に今住んでいる実家から出て、一人暮らしを始める人は多いと思います。

 

初めての一人暮らしで、期待を胸いっぱいに膨らませていると思いますが、いざ、一人暮らしとなると何が必要なのかわからないものです。

 

なんとなくこれがいるかな?と思って買っておいた物が、実は特に必要でなく、むしろ邪魔でしたなんて事もよくありますので、せめて必要最低限揃えるべきものは知っておきたい所です。

 

という事で、今回は初めての一人暮らしで必要な物について調べてみました。

 

これから一人暮らしを考えているかたは、是非参考にしてみてください。

 


 

必要な物は先に集める

 

一人暮らしをするときに、必要な物を知らずに適当に家具や家電を買っていては、後で後悔する事も大いにあり得るので、まずは必要最低限揃えて置くものを頭に置いておいた方が、後で後悔せずにすみます。

 

なので、まずはこれから上げるものを優先的に買う事にして、それ以外に自分が欲しいものに関しては、後回しにして考えるのをオススメします。

 

必要な物【家電】

 

まずは、必要な家電から見ていきたいと思います。

 

家電は値段が張るものが多いですが、もし金銭的に余裕があるのならば、安いものを買うより、良いものを買った方が光熱費を抑えられたりして、後々得したりします。

 

そこは、自分で決めた予算と相談して決めてください。

 

では、一つ一つ見ていきたいと思います。

 

洗濯機

 

洗濯機が家にあるのとないので、生活が結構変わってきます。

 

コインランドリーがあるから、そこでいいと言う人もいると思いますが、案外近くにコインランドリーはないものです。

 

ちなみに、コインランドリーと自宅で洗濯機を使うのを、1年間比較すると、約30000円近くの差が出てきてしまうそうなので、長期で考えるなら確実に洗濯機の方がいいでしょう。

 

しかし、1年以内で実家で戻ってしまう等の理由で、一人暮らしの期間が短い場合は、洗濯機の購入費も考えると、逆にコインランドリーの方が安い場合があります。

 

なので、一人暮らしの期間が短い方や、別の方法で洗濯したい(手動等)方等は洗濯機は必要ないでしょう。

 

 

2年以上一人暮らしをする人は必ず勝った方がいいです。

 

ちなみに、独り暮らし用の洗濯機は容量が4kg~6kgぐらいがちょうどいいです。

 

冷蔵庫

 

自炊する人は特に必要なものになりますが、自炊しない人もかなり役に立つと思います。

 

食材だけでなく、調理済みの冷凍食品や飲み物、調味料等、様々な物を保存できますので、あるに越したことはないです。

 

自炊する方は120L以上の物を買っておくと食材等をたくさん保存できるので、苦労しないと思います。

 

また、冷凍庫が多少大き目の方が、作り置きしたものを保存しやすいので、冷凍庫の容量が大きめのものも、またオススメです。

 

自炊しない人は、80L程度十分かと思いますが、買った後に自炊しようとすると、後々不便になるので、注意が必要です。

 

電子レンジorオーブントースター

 

電子レンジは調理において素晴らしい活躍をしてくれる、かなり便利な家電です。

 

自炊する人は料理する時に使ったり、作り置きして保存したものを温めたり、解凍したりするのに役立ちます。

 

自炊しない人も、買ってきたものを温めたり、冷凍食品を食べるのに使用したりするなどして、使う場面もたくさん出てきます。

 

なので、電子レンジは早い段階で持っておいた方がいいでしょう。

 

電子レンジの代用として、比較的安価オーブントースターがありますが、温める機能としては、調整が難しい点もあり、使いにくいかもしれません。

 

ただ、パンはオーブントースターで焼いた方が圧倒的に美味しいです。

 

炊飯器

 

日本人だし、やっぱり米でしょ!という訳でもないですが、腹持ちもよく、保存もしやすいご飯を手軽に炊ける炊飯器は、買っておいて損はありません。

 

自炊しない人も、ご飯さえ炊いておけば、なにかと便利かと思いますので、炊飯器も割と優先度は高いです。

 

扇風機

 

夏場でも冬場でも、思った以上の働きをしてくれます。

 

夏はわかるけど、なぜ冬場?と思うと思いますが、冬場のエアコンを使用する際に、扇風機で空気を循環してあげると、部屋が温まりやすくなります。

 

また、冷暖房器具だけでなく、部屋干しの際の乾燥機の代わりに使えたりするので、意外と用途は多いです。

 

値段も安いので、これも早めに用意しておいて損はないと思います。

 

照明

 

明かりがないと、夜生活できないので、これも早めに用意しておきましょう。

 

必要な物【家具】

 

次は家具についてみていきたいと思います。

 

物を収納したり、作業や食事スペースだったり、眠る為のものだったりと、生活において思った以上に必要になります。

 

ただ、部屋によっては備え付けのものがあったりするので、これから住む部屋を確認した上で、家具の購入を決めればいいと思います。

 

ベッドor布団

 

睡眠を確保するスペースは生活において必ず必要なものなので、眠る為の寝具は必要になってきます。

 

寝具となると、ベッドか布団かで分かれてくると思いますが、ベッドは案外値が張り、手が出にくい人も多いと思います。

 

なので、特にこだわりがないのであれば、初めの内は布団で問題ないと思います。

 

ただ、フローリングの場合は、そのまま布団を敷くと体を傷める可能性があるので、布団の下にマットレスを引く等して、工夫した方がいいでしょう。

 

テーブルorこたつ

 

食事するスペースや何か作業するスペースとして活躍してくれますので、テーブルは早めに用意した方がいいと思います。

 

また、冬場を見越した上で、こたつテーブルにしておくと冬場を快適に過ごせますので、オススメです。

 

カーテン

 

防犯だけでなく、保温や防音等の効果もあるので、こちらも早めに用意しておきましょう。

 

タンスorカラーボックス

 

服をその辺に放置しておくわけにもいかないので、それを収納する、タンスやカラーボックスも必要です。

 

服以外にも色々と収納できるので、持っておいても損はないと思います。

 

タンスはたくさん収納できますが、スペースや値段が少々値が張るものもありますが、カラーボックスなら基本的に、かなり安くで手に入れる事ができます。

 

その辺は自分で決めた予算と相談して決めてください。

 

必要な物【調理器具】

 

次は調理器具です。

 

自炊する人は特に調理器具は必要になりますので、早めに揃えておきましょう。

 

自炊しない人に関しては、せめてお湯を沸かすものぐらいは持っておいてもいいと思います。

 

 

煮込み料理だけでなく、お湯を沸かすのにも使えますので、自炊する人もしない人も持っておいた方がいいと思います。

 

用途によって、大きさが変わると思いますが、作り置きをしたい人は大き目の鍋を買った方がいいかもしれません。

 

お湯を沸かす程度でいいという方は、手鍋ぐらいで十分でしょう。

 

フライパン

 

こちらは自炊する人だけでいいと思います。

 

フライパンもあまり安いものを買うと、すぐに焦げがこびりついて使えなくなる事があります。

 

多少はいいものを買った方が手入れも楽で、長持ちするので、後悔しない為にもいいものを買った方がいいと思います。

 

包丁・まな板

 

食材を切るのに、包丁が必要になるので、自炊する人は必ず買っておきましょう。

 

包丁は刃渡りが15~20cmぐらいを一つは持っておくといいです。

 

また、包丁は使っていると切れ味が悪くなるので、包丁を手入れする為の包丁研ぎ器を合わせて持っておきましょう。

 

包丁と合わせて、まな板も必要なのですので、包丁とまな板はセットで用意しておきましょう。

 

ボウル・ざる

 

水やお湯を切ったり、処理した食材を入れておくために、ボウルやざるは必要になります。

 

食器でも対応できる部分もありますが、ボウルやざるの方が、使い勝手がよかったりするので、こちらも早めに。

 

食器

 

作った料理を盛る為に必要になります。

 

汁物やごはん用の底の深いものと、主菜を入れる為の底の浅いものを最低限用意しておけば、困ることはないと思います。

 

他は用途に合わせて、少しずつ増やせばいいと思います。

 

コップ

 

飲み物を入れる為に必要な物です。

 

レンジで温めて大丈夫のような、耐熱性の高いものを一つ持っていれば、ホットもアイスもどちらも対応できるので、一つはこういったものを用意しておきましょう。

 

箸・スプーン

 

箸さえあれば、大体の物は食べれますので、最低一つは用意するべきです。

 

ただ、カレーやスープ等は箸じゃ食べにくいので、スプーンも持っておきましょう。

 

ナイフとフォークは特になくて困らないと思いますので、こちらはお好みで。

 

コンロ

 

キッチンのコンロが1口だけだったり、そもそもコンロがない人は特に用意した方がいいです。

 

ラップ・アルミホイル

 

ラップはレンジで温めるのに使ったり、食材を保存する為に使えるので、こちらも用意しておきましょう。

 

料理に関する用途以外にも使い道はかなりあるので、用意しておいて損はないです。

 

アルミホイルも食材を保存するのに使えますし、料理で使用する事も多いので、こちらも用意しておきましょう。

 

ただ、わかっていると思いますが、アルミホイルを電子レンジで温めたらだめですからね。

 

やったら大変な事になります。

 

必要な物【洗濯関連・掃除関連】

 

次に洗濯関連と掃除関連です。

 

洗濯関連に関して、家で洗濯する人は、スムーズに洗濯作業をする為にも、早めに揃えておきましょう

 

掃除関連に関しては、引っ越し仕立てからすぐにがっつり掃除するわけではないと思いますが、必要最低限な物をもっていれば、何かあったときにすぐに対処できるので、早いに越したことはないです。

 

物干し竿or物干しスタンド

 

洗濯物を干す為に必要な物なので、洗濯用品としては一番必要になります。

 

大概は物干し竿だけでいいと思いますが、場所によっては物干し竿をかけれない所もありますので、そういった場合は物干しスタンドで代用するといいと思います。

 

洗濯バサミ・洗濯ハンガー

 

物干し竿等にかけてたり、かけたものを挟んで飛ばないようにするためにも、洗濯ハンガーや洗濯バサミは必要になります。

 

これらは多めに持っておいても損はないので、大目に持っておくといいです。

 

特に洗濯バサミは割と飛びやすくて、壊れやすいので、多めの方がいいです。

 

また、洗濯バサミも大きいサイズと小さいサイズ二通り持っておいた方が便利ですよ。

 

スポンジ・ブラシ・雑巾

 

スポンジやブラシは毎日使う食器やお風呂、トイレ等の掃除によく使いますので、それぞれの用途に合わせた物を用意しましょう

 

雑巾は、食べ物を床にこぼしてしまった時の対処の為に、2~3つは最低持っておいた方がいいと思います。

 

ゴミ袋・ゴミ箱

 

生活していると必ずゴミが出ますので、それを捨てる場所も必要になります。

 

最低限ゴミ袋は用意しておき、できればゴミ箱も併せて用意しましょう。

 

それぞれに合わせた洗剤

 

トイレ用、食器用、お風呂用、洗濯用は、引っ越ししたてから、必要になると思いますので、これらは早めに用意しましょう。

 

ほうき・ちりとり

 

床や玄関等の小さいゴミを穿いて掃除するのに必要になります。

 

掃除機もいいですが、案外掃除機では届かない場所に届いたりするので、ほうきも侮れない部分もあります。

 

なので、ほうきとちりとりは持っておいて損はないです。

 

必要な物【その他・消耗品等】

 

最後に、消耗品や上記で挙げた以外のもので、必要な物です。

 

消耗品は毎日使うものなので、こちらも把握した上で揃えておきましょう。

 

タオル

 

タオルやバスタオルは顔を洗ったあとやお風呂からあがった後につかったり、物を吹いたり等して、使う用途も色々あるので、こちらもちゃんと用意しておきましょう。

 

タオルは割と大目に持っていても困らないですが、バスタオルは一人暮らしなら、3~4枚程度でも十分かと思います。

 

ティッシュ・トイレットペーパー

 

トイレでトイレットペーパーがないとかなり困るかと思いますので、ある意味最重要かもしれません。

 

ティッシュは最悪なくてもトイレットペーパーで代用できますが、念のため用意しておきましょう。

 

あると便利ですからね。

 

歯ブラシ・歯磨き粉

 

歯を磨く為にも、歯ブラシと歯磨き粉は必要になりますので、こちらも用意しておきましょう。

 

お風呂用品

 

お風呂やシャワーをするときに、シャンプー等の洗髪するものや、石鹸等の体を洗う用のものが必要になりますので、こちらも早い内に揃えましょう。

 

体を洗う用のタオルも用意しておくと、体を洗うときに便利なので、必要な方は用意しておきましょう。

 


 

取り急ぎ、今回は最低限これは持っておいた方がいいだろうというものを集めました。

 

しかし、最低限といっても、結構用意するものがありますね。

 

一人暮らしをしようと思っている方は、なるべく早く計画を練った方がいいかもしれませんよ。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ