ラクトアイスやアイスミルクの違いは?種類によって違うアイスの違い

 

アイスと言えば、夏を代表とするデザートの一つですが、夏に限らず年中食べてもおいしいものですよね。

 

そのせいか、スーパーやコンビニは年中アイスが置いてあるところがほとんどになります。

 

それだけ、アイスが好きな人は多いんですね。

 

ところで、アイスって商品説明の所をよく見ると、種類別があって、ラクトアイス、アイスクリーム、アイスミルク、氷菓このどれかが表示されていると思います。

 

この4っつの違いとはいったい何なんでしょうか?

 

この違いによって、なにか変わったりするのか?ちょっと気になる所ではあります。

 

ということで、今回はラクトアイスやミルクアイス等のアイスの種類の違いについて調べてみました。

 


 

アイスの種類は全部で4つ

 

アイスの種類は全部で4つになっており、ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリーム、氷菓となっています。

 

この4つの違いは、食品衛生法に基づいており、「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって、種類が決められています。

 

つまり、入っている成分の量によって、種類が決められるという訳ですね。

 

この成分というのは、乳固形分と乳脂肪分の事で、この量がどれぐらい入っているかで種類が変わってきます。

 

アイスクリーム

 

アイスクリームは乳固形分15.0%以上で、乳脂肪分8.0%以上入っているものが対象となっており、4つのアイスの中で一番乳固形分と乳脂肪分が入っているものになります。

 

その為、アイスクリームが一番ミルクの風味が感じられ、脂肪分の多さからか、コクの深い味わいを楽しめるものが多くなっています。

 

なので、4つのアイスの中で、比較的値段が高いものが多くなっています。

 

よくアイス全般の事を、アイスクリームと呼んだりしていますが、食品衛生法の中ではアイスクリームと呼ぶには、上記に挙げた基準をクリアしていないと、呼べない事になっています。

 

代表的なアイス

ハーゲンダッツ、レディボーゲン、MOWのバニラ味、牧場しぼりのバニラ味等々。。。

 

アイスミルク

 

アイスミルクは乳固形分が10.0%以上で、乳脂肪分3.0%以上入っているものが対象になっています。

 

アイスクリームと比べて、乳固形分や乳脂肪分が少なめではありますが、牛乳と同じぐらいの乳成分を含んでいるそうです。

 

なので、一応牛乳と同じぐらいの栄養はあるんだとか。

 

また、植物油脂を使われる事もあるそうです。

 

味は、アイスクリームより乳成分が少なくなるので、アイスクリームよりは若干さっぱりした感じになります。

 

代表的なアイス

ジャイアントコーン、チョコモナカジャンボ、モナ王等々。。。

 

ラクトアイス

 

ラクトアイスは乳固形分3.0%以上入っているものが対象で、乳脂肪分の成分規格はありません。

 

乳脂肪分の成分規格がないせいか、植物油脂が多く使われているものも少なくありません。

 

その為、値段が安いものが多くなっています。

 

ミルク感を補うために、植物油脂を多く使うので、その分カロリーが高いものも多くなっています。

 

味は、アイスクリーム、アイスミルクよりも、さっぱりとした味になっています。

 

代表的なアイス

爽、クーリッシュ、スーパーカップ等々。。。

 

氷菓

 

氷菓は乳固形分3.0%未満のものが対象で、乳固形分はほぼありません。

 

なので、果実を凍らせたシャーベットやかき氷、アイスキャンデー等、いかにも氷菓子という感じのものばかりになります。

 

その為、味はクリーミーさは一切なく、口当たりがさっぱりしたものとなります。

 

こちらも比較的値段が安いものが多くなります。

 

代表的なアイス

ガリガリ君、あずきバー、サクレレモン等々。。。

 

アイスミルク・ラクトアイスは危険?

 

アイスミルクとラクトアイスは乳脂肪分の代わりに、植物油脂を使っているものが多くなっています。

 

植物油脂と聞いて浮かぶのが、トランス脂肪酸。

 

トランス脂肪酸は摂りすぎると、心臓疾患のリスクが上がったり、ぜんそくやアレルギー、アトピー性皮膚炎等を引き起こす恐れもあります。

 

なので、絶対に食べてはいけないというわけではないですが、食べる量は気を付けたほうがいいですよ。

 

健康を考えるなら、アイスクリーム

 

ラクトアイスとアイスミルクはトランス脂肪酸である、植物油脂が入っている事も少なくないので、健康的にはあまりいいものとは言えません。

 

なので、アイスは食べたいけど、健康を気にしたいのであれば、アイスクリームを食べるのがいいでしょう。

 

このアイスに至っては、植物油脂が入っていないので、安心して食べる事ができます。

 

ただ、食べ過ぎは結局健康を害するので、程ほどに。

 


 

アイスの違いとは、乳成分の量の違いなんですね。

 

というか、ラクトアイスやアイスミルクはトランス脂肪酸が入っていると、しれっと公表しているのは、ちょっとびっくりしました。

 

まあ、一日に何個も食べる事はないので、すぐには健康被害にはなったりしないのでしょうが、少し怖い部分もありますね。

 

今後、健康を気にするのであれば、少しは成分表を見たほうがいいかもしれませんね。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ