デブこそジムに行こう!デブがジムでダイエットを成功させる方法

 

ジムといえば、ダイエットの中でも定番とも言えますが、デブにとってはハードルが高いものだったりしますね。

 

デブの自分が回りの人に見られるのが恥ずかしい、長続きしないでお金の無駄になりそう、等色々な理由で、中々一歩が踏み出せなかったりします。

 

しかし、そんな案外そんな悩みはどうでもいいもので、入会してみれば意外といけるものだったりします。

 

それに、ジムの方が色々な機材があるので、考え方ややり方さえ変えていけば、ダイエットが成功しやすかったりします。

 

では、どうすればジムでのダイエットが成功するのでしょうか?

 

今回はジムでのダイエットを成功する為の方法について調べてみました!

 


 

ジムでのダイエットを成功する為の方法

 

周りを気にしない

 

デブの人が一番気にする所が周りの視線です。

 

「デブが必死に運動している様」と見られるのが恥ずかしいという人が結構いるもんで、このせいで中々ジムにいけない人も多い様です。

 

他にも「デブの自分が他の人と一緒にトレーニングなんて申し訳ないし、きっと迷惑」と卑屈に思ったりですね・

 

しかし、実際はそんな風に見る人ほとんどいませんし、そう迷惑と思う人もほとんどいません。

 

なぜなら、ジムに行っている人は大体自分の事に集中している人が多いので、周りの事まで気にかけてられないものです。

 

それに、恥ずかしいと思っているばかりでは、一生恥ずかしい姿から抜け出せなくなります。

 

なので、周りの事は気にせずに、自分のペースで運動を行なっていく事が大事になります。

 

自分はデブだから痩せる為に運動しに来てるんだ!文句あるか!ぐらいの気概でやっていけば、ダイエットの成功にも繋がっていきます。

 

でも、周りを気にしないといっても最低限でのジムでのルールやマナーはちゃんと守ってくださいね。

 

無理しない

 

周りの人に合わせようとしすぎて、自分のキャパシティ以上な事をやってしまい、それが辛くなって行かなくなったとうのも、ジムを途中でやめてしまう理由の一つです。

 

ジムに行けば、かなりの重量のあるものでトレーニングしたり、速い速度で走っている人も結構います。

 

しかし、だからといって、それに合わせないといけないわけではありません。

 

むしろ、自分のキャパシティ以上の事をして、結局それが辛いからやめるなんて本末転倒です。

 

前述したように、周りを気にしないで自分のできる範囲で、少しずつ行なうのが重要になってきます。

 

体重はすぐには落ちないのですから、慌てずに少しずつ自分のペースでやっていきましょう。

 

ジムを楽しむ

 

痩せる為にジムに入会していますが、初めのうちは痩せるよりも「ジムという施設を楽しむ」という考え方でトレーニングしていきましょう。

 

なぜなら、痩せることだけを考えてしまうと、痩せなければいけないという強迫観念にかられて、無理して怪我してしまったり、精神的にも疲れてしまう可能性があるからです。

 

なので、痩せなきゃ!と考えるよりも、ジムに遊びに行こう!みたいな感覚で行くと、ジムも継続しやすくなりますので、まずは楽しむことから初めていきましょう。

 

遊びに行くといっても、ちゃんとトレーニングメニューはこなしてくださいね。

 

運動前後のストレッチは怠らない

 

運動の前と後は、必ずストレッチなどの準備運動を行なう必要があります。

 

これは、運動中の怪我の予防や、運動後の疲労回復の為に必要な運動になります。

 

特にデブな人は体重が重いので、膝や足腰に負担がかかりやすく、運動中の怪我も起こりやすいので、入念に行なう必要があります。

 

ストレッチの時間は最低でも10分ぐらいはかけてやっていただきたいですね。

 

身体が硬くてストレッチなんてできない!と思う人もいると思いますが、身体が柔らかくないとダメというわけではありません。

 

筋肉が伸びていると感じたなら、十分効果がありますので、自分のできる範囲でやっていきましょう。

 

無酸素運動→有酸素運動を基本に

 

脂肪燃焼の効率が一番いい運動は、無酸素運動をしてから、有酸素運動をするのがよいとされています。

 

無酸素運動というのは、短時間で強い強度が要求される運動のことで、筋トレや短距離走などがあげられます。

 

逆に有酸素運動というのは、長時間継続して行なう運動のことで、ランニングやウォーキング、エアロバイクや遠泳などがあげられます。

 

なので、ジムでトレーニングを行なうなら、ストレッチ→筋トレ→ランニングやウォーキング→ストレッチと行った順番で行なうといいでしょう。

 

初めは1時間を目安に

 

ジムに行って、運動しているからといって、時間が短すぎると思った以上に効果が見られません。

 

なので、目安としては初めは1時間ぐらいにするようにしましょう。

 

1時間も!?なんて思うかもしれませんが、ストレッチして~筋トレでいろんなマシン使って~エアロバイク乗って~走って~ストレッチして~なんてしてたら、1時間なんてあっという間ですよ。

 

むしろ、続けていくと1時間が短く感じて、もっとやりたくなってきますよ。

 

これで徐々にやっていって、時間を延ばしていけば、痩せる効率も上がっていきますので、まずは1時間を目安に初めて行きましょう。

 

マシンの使い方は積極的に聞く

 

初めての人がジムに行った時に困るのが、マシンの使い方です。

 

でも、聞くのも恥ずかしいと思って、なんとなくでやってみても、マシンを最大限に使えない為、思った以上に効果が見られなくなります。

 

なので、わからない事があれば、積極的にスタッフに聞いて、正しいフォームで使えるようにしていきましょう。

 

週3~4日は最低でも行きたい

 

週に3~4日は多い!と思う人もいるかと思いますが、やってみると意外多く感じないものです。

 

逆にコレ以下の日数になると、ジムに行くこと事態が億劫になってくるので、なるべく多めに行ったほうが案外継続しやすくなります。

 

本当は毎日行くことをおすすめしたいところなのですが、身体をどこかで休めないと、逆にダイエットの効果が下がる危険もあるので、最低でも3~4日は行くようにしましょう。

 

ジムは家から近い場所で

 

ジムに通うのに一番重要になってくるのが場所で、家からどれくらい離れてくるかで、継続していけるかのカギになってきます。

 

というのも、家から遠いと移動時間が結構億劫になりやすいくなるので、続かない可能性が高いです。

 

逆に家から近いと、仕事から家に帰ってきてからでも通いやすいですし、仕事帰りに立ち寄りやすいですので、家から近い方がおすすめです。

 

距離的には最低でも1駅離れてるぐらいまでの所の方が通いやすいと思いますので、なるべく家から近いジムに通うようにしましょう。

 

職場に荷物を持っていけるなら、職場に近い場所でもいいかもしれませんね。
 

食べたかったらジムに行く

 

ジム以外の事になりますが、ダイエットに食事制限は重要なところです。

 

かといって、なかなか食事制限をするのが難しいのがデブの悲しいところです。

 

なので、あえて初めは食事制限せずに、食べたかったら食べたい分だけジムに行くという制約をつけます。

 

そうする事で、ジムに行く習慣もつきやすく、食べたいものも食べれて、無理なくジムに通うことができます。

 

ただし、これを続けていても、消費カロリー<摂取カロリーになっていては意味がないので、痩せていくのは難しいのです。

 

なので、この方法でジムに慣れてきたら、食事制限を開始していき、少しずつ食事制限のハードルを上げていくようにしましょう。

 


 

ジムというのは、デブにとって本当にハードルの高いもので、私も中々一歩踏み出すことができませんでした。

 

でも、いざ入会してみたら、意外とおもしろいことに気づいて今でも暇さえあれば通うようにしています。

 

皆さんも、恥ずかしいとか面倒とか思わずに、まず入会してみてやってみてはいかがでしょうか?

 

案外考え方も変わってきますよ!

 

以上、ここまで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ