初詣のマナーとは?神社と寺で参拝方法が違う?知るべき初詣のマナー

 

毎年、お正月の時期になると、初詣に訪れる為に神社やお寺が、その年の一年をいい年する為に祈願しに来た人でいっぱいになります。

 

初詣はなんとなくイベントというイメージを持っている人も多いと思いますが、ちゃんと参拝する為にマナーをしっかり守れていますか?

 

参拝にマナーなんてあるの?なんて思う人もいるでしょうが、もちろん神社や寺に参拝するときはちゃんとマナーは存在しています。

 

では、そのマナーとは一体どういうものなのか?

 

という事で、今回は初詣の参拝のマナーについて調べてみました。

 


 

初詣の参拝のマナー

 

初詣の時の参拝のマナーは一体どういうものなのでしょうか。

 

神社や寺に入る前から順番に説明していきたいと思います。

 

ちなみに、今回説明するマナーについては、初詣の時期に限らず、どんな時期に来ても参拝する際には守るべきマナーとなります。

 

ちなみに、神社と寺で参拝方法が変わってくるので、初詣をする場所によって注意する必要があります。

 

神社の参拝の方法

 

鳥居~参道の歩き方

 

鳥居をくぐる前は、一度止まって、鳥居に向かって一礼し、そこから鳥居をくぐります。

 

そして、鳥居をくぐったら、参道を歩く事になると思います。

 

参道を歩く際は真ん中を避けて通るようにします。

 

というのも、真ん中は「正中」といって、神様の通り道だからです。

 

手水を使って、手と口を清める

 

神社には必ず「手水舎」がありますので、ここに置いてある柄杓を使って口と手を清めます。

 

清め方も順番があり、以下の順番となります。

 

  1. 軽く一礼して、右手で柄杓を持ち、一杯になるまで水を汲み、左手に水を流して清める
  2. 次に左手に持ち替えて、右手に水を流して清める
  3. また右手に持ち替えて、左手に水を受けて口をすすぐ
  4. 最後に柄杓を縦にして、柄杓に残った水で、杓(持つところ)を洗い流して、元の場所に置く

 

この時に、ハンカチを二枚用意しておき、一つは普通に手洗い用、もう一つは手水舎用に持っていると清浄を保つことができる事ができます。
 

拝礼の作法

 

まず神前に立ち小さく一礼します。

 

この際は中央にはなるべく立たないようしましょう。

 

そして、お賽銭箱にお賽銭を入れます。

 

お賽銭の額は決まっていませんが、「ご縁がある」という事で、五円玉にする方が多いようです。

 

よくお賽銭を投げて入れる人もいますが、これはマナー違反なので、投げずに静かに入れてください。

 

次に鈴を鳴らしますが、鳴らす際は静かに一回だけにします。

 

その後、2回礼をし、2回手を叩き、お願い事をします。

 

最後にゆっくり両手をおろし、一礼して終了となります。

 

この一連の流れを「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」と呼ばれています。

 

帰りの鳥居

 

帰る際に、また鳥居をくぐると思います。

 

この鳥居をくぐった後は、一度振り返って、神社に向かって一礼します。

 

これで、参拝の流れが終了となります。

 

寺の参拝方法

 

まずは山門に一礼

 

山門とは、神社でいう鳥居みたいなもので、これをくぐると悟りの世界へ足を踏み入れるという事になります。

 

なので、ここをくぐる前には気を引き締めて、まずは一礼する必要があります。

 

また、くぐる際は敷居は絶対踏まないようにしましょう。

 

手水舎で口と手を清める

 

これは神社と一緒で、手や口を水で清めます。

 

やり方も神社と同じやり方で問題ありません。

 

鐘楼があれば鐘を撞く

 

場所によっては鐘楼(大きな鐘)があるところもありますので、もしあれば、鐘を撞いてから本堂に向かいます。

 

ただ、場所によって設置していても撞いてはいけないものもあるので、事前に調べておく必要があります。

 

もし鐘楼がなければ、そのまま本堂に向かいます。

 

お線香やロウソクをあげて一礼

 

本堂に着いたら、自分自身とその場所を清める為にお線香かロウソクをあげて一礼します。

 

この際に、火を息で消してしまうのは良くない事とされているので、特に線香の火を消すときは手で仰いで消すようにしましょう。

 

また、人からもらった火でつけると、その人の業も一緒に受けてしまうとされているので、火は必ず自分でつけるようにしてください。

 

こちらもなければ次に行きましょう。

 

お賽銭を入れてお祈りをする

 

お賽銭を入れる際は、神社と一緒で、静かに入れましょう。

 

金額も神社同様に決まった額はありません。

 

そして、お祈りをしますが、神社とは違って手を叩いてはいけません。

 

静かに手を合わせて、言葉を唱えてお祈りをします。

 

言葉については宗派や本尊によって変わってきますので、参拝する寺の宗派が何かは、事前にチェックした方がいいでしょう。

 

帰りの山門

 

こちらも神社の鳥居と同様に、帰りにくぐったら振り返って、一礼します。

 

これで、寺の参拝の流れが終了となります。

 


 

いつもは神社に参拝に行っているのですが、お寺の参拝は神社とは意外と違っていたりするんですね、

 

でも、手を清めたりする部分は一緒なので、宗教は違っても似ている部分も多いのでしょうか

 

とりあえずは、最低限参拝のマナーを知ることができたので、次に寺や神社に参拝に行っても安心ですね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ