大人も重要!成長ホルモンを増やす食事は?

成長ホルモンと聞くと、成長期だけに重要なものと考えてしまう人もいるでしょう。

 

そんな事ねえ!バカにすんな!と思った方は申し訳ありません。。。

 

さて、この成長ホルモンですが、成長期だけでなく大人になってからでもとっても重要なものとなります。

 

身長を伸ばすだけでなく、他にもにとってプラスになる効果たくさんがあるのです!

 

では、この成長ホルモンは一体どうやって増やせばいいでしょうか?

 

今回はこの成長ホルモンを食事によって増やす方法をご紹介します!

 


 

成長ホルモンの分泌による素晴らしい効果!

 

成長ホルモンは身長を伸ばすだけではありません。

 

体を作る過程に重要なホルモンでもあり、その他に代謝をコントロールするホルモンでもあります。

 

そんな成長ホルモンの身長を伸ばす以外の効果はこちら↓

①記憶力の向上

②筋力アップ

③バストアップ

④アンチエイジング

⑤基礎代謝のアップ

⑥怪我や疲労からの回復

⑦免疫力アップ

⑧髪の毛の発育

⑨脂肪分解

⑩血糖値の維持

 

このように、体にとってプラスになる効果ばかりなので、たくさん増やしたいですよね。

 

特に脂肪分解、アンチエイジングなんかは女性にとっても目が鱗なんじゃないでしょうか。

 

男性はもちろん⑧ですよね!。。。。。本気で悩んでる方、調子にのってすみません。

 

と、とにかく、この成長ホルモンをたくさん分泌すれば、今生活で悩んでることも、解決できるかもしれませんね!

 

成長ホルモンの分泌を増やす食事

 

成長ホルモンは、もとはアミノ酸です。

 

そのアミノ酸の中でも「アルギニン」「オルニチン」を摂ると成長ホルモンの分泌がよくなります。

 

○アルギニンを多く含む食材

 

鶏肉、仔牛肉、牛乳、海老、大豆、ナッツ類、レーズン、玄米、オートミール、ポップコーン、チョコレート等。

 

特にアルギニンが多く含まれているのは、味噌、納豆、高野豆腐といった大豆製品です。

 

また、アルギニンは血流改善、疲労回復、免疫力向上などの効果もありますので、積極的に摂取したいですね。

 

○オルニチンを多く含む食材

 

しじみ、マグロ、ヒラメ、チーズ、パン、えのきだけ、だだちゃ豆。

 

オルニチンは成長ホルモンを分泌する以外にも、基礎代謝をアップ、体脂肪を分解、細胞分裂を活性化、肝臓の解毒作用、アンモニアを分解、二日酔いを解消、肌の新陳代謝促進効果等、体にとってプラスになる効果がたくさんあります!

 

なので、こちらも積極的に摂取したいです。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

今回ご紹介した食材を取り入れながら、バランスよく食べるようすれば、成長ホルモンも増えるかと思います。

 

なので、今後の食事に意識して取り入れていただければと思います!

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ